Rakuten infoseek

辞書

困難【コンナン】

デジタル大辞泉

こん‐なん【困難】
[名・形動](スル)
物事をするのが非常にむずかしいこと。また、そのさま。難儀。「困難に立ち向かう」「予期しない困難な問題にぶつかる」
苦しみ悩むこと。苦労すること。
「道の上はぬかるみで―した」〈滝井無限抱擁

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こんなん【困難】
名 ・形動 [文] ナリ 
簡単にはなしとげられないこと。実現・実行がむずかしいこと。また、そのさま。 計画の変更は-だ -な社会に立つて回天かいてんの事業を成そう/花間鶯 鉄腸
スル
苦しみ悩むこと。また、苦しめる事柄。 -に打ち勝つ 脳病の為に大に-するに至れり/春 藤村
[派生] -さ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こん‐なん【困難】
〘名〙 (形動) 苦しみ悩むこと。こまること。また、物事をするのが非常にむずかしいさま。難儀。苦しみ。
※財政経済史料‐三・経済・外国通商・埠港開設・文久元年(1861)一〇月日「困難及び薪水食料等相求候為め繋泊致し候儀は格別」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉緒言「其議論の極て困難なるも謂れなきに非ざるなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

困難」の用語解説はコトバンクが提供しています。

困難の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.