Rakuten infoseek

辞書

困・極【こうずる】

精選版 日本国語大辞典

こう‐・ずる【困・極】
〘自サ変〙 こう・ず 〘自サ変〙
① 疲れる。体が弱る。病気が重くなる。
蜻蛉(974頃)中「一丁の程を、石階おりのぼりなどすれば、ありく人こうじて、いと苦しうするまでなりぬ」
※文明本節用集(室町中)「極(コウズル) 病ノ極」
② 困る。悩む。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「おまへにて御ことたまはりて、せめそせさせ給へるに、こうじにたりや」
[語誌]サ変動詞「困(こん)ず」が音便化したものとするのが通説だったが、「極」と表記した例が多く見られ、複合動詞をつくることもあるところから、「極」の呉音ゴクがサ変動詞化し音便化したものとする説が有力となってきている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐・ず【困・極】
〘自サ変〙 ⇒こうずる(困)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

困・極」の用語解説はコトバンクが提供しています。

困・極の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.