Rakuten infoseek

辞書

団欒【ダンラン】

デジタル大辞泉

だん‐らん【団×欒】
[名](スル)
月などがまるいこと。また、まるいもの。
集まって車座に座ること。まどい。
「三人して―して食った」〈花袋田舎教師
親しい者たちが集まって楽しく時を過ごすこと。「食後に家族が団欒する」
[補説]書名別項。→団欒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だんらん【団欒】[書名]
乃南アサの短編ホラー小説、および同作を表題作とする小説集。作品集は平成6年(1994)刊行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だんらん【団欒】
スル
まるいことの意
人々が集まって楽しく語り合うこと。 一家水いらずで-する 楽しい-の一時を過ごす
集まって車座にすわること。円居まどいサルンに集まる時などは-が大抵三つ位に分れて出来た/或る女 武郎

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だん‐らん【団欒】
〘名〙
① 月などのまるいこと。また、まるいもの。〔范成大‐上元紀呉下節物詩〕
② (━する) 集まって車座にすわること。円居(まどい)
※文華秀麗集(818)下・和野柱史観闘百草、簡明執之作〈巨勢識人〉「団欒七八者、重楼粉窓下」 〔孟郊‐惜苦詩〕
③ (━する) 家族や親しい者同士が集まって、楽しく語りあったりして時をすごすこと。親密で楽しい会合。うちとけた会合。
※草堂集(1816)下・草虫何々「合家団話、無偽亦無真」
※黴(1911)〈徳田秋声〉七七「自分の家、家族の団欒、それらの影が段々薄くなって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

団欒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

団欒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.