Rakuten infoseek

辞書

団塊【だんかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

団塊
だんかい
nodule
地層中にみられる丸みを帯びた塊状のもの。周囲成分が異なり,特に硬い。普通海成層にみられる。団には石灰質,ケイ質のものが多く,マンガン団塊もある。形の不規則のものは結核という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だん‐かい〔‐クワイ〕【団塊】
かたまり。
堆積岩(たいせきがん)中に存在する、周囲より硬いかたまり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

団塊
nodule: 堆積岩中に周囲のマトリクスと分離して不規則に成長した物体で,関連のない塊として産出し,一般に母岩やマトリクスとは異なる組成の物質が大小様々な円味を持った塊として見られるもの.堆積岩中に微量に含まれていた成分(例えばカルシウムや珪酸など)が岩石中に浸透して,砂粒や生物の遺骸を核として結核様に沈澱してできたもの.堆積岩中に存在して,周辺よりも硬い自生鉱物の集合体を総称して団塊という[Pettijohn & Potter : 1964,片山ほか : 1970].堆積時に生成した一次団塊または同生団塊と,地層堆積後の続成作用で生成した二次団塊または後生団塊がある.一次団塊には深海底に見られるマンガン団塊などがあり,二次団塊では母岩を交代したり,成層面を切って発達した泥灰岩団塊やチャート団塊などがある.ラテン語のnodusは瘤,節,結び目の意味.
concretion: →コンクリーション

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だんかい【団塊】
かたまっているもの。かたまり。
物質の分離・濃集により、堆積物中にできた結核体。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だん‐かい【団塊】
〘名〙
① かたまり。
※航西日乗(1881‐84)〈成島柳北〉四月二三日「次に烟草の団塊を砕く器を観る」
② 堆積岩中に存在する球や楕円体または不規則な形のかたまり。成分は石英、石灰石、酸化鉄、マンガンなど。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

団塊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

団塊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.