Rakuten infoseek

辞書

【イン】

デジタル大辞泉

いん【因】
物事の原因。もと。「失敗のをなす」
仏語。直接の原因。⇔
古代インドの論理学で、論証しようとする命題(宗)の理由を述べる部分。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いん【因】[漢字項目]
[音]イン(呉)(漢) [訓]よる ちなむ
学習漢字]5年
事の起こるもと。「因果因業因子因縁因由一因遠因起因近因偶因原因死因主因真因成因素因敗因病因誘因要因
もとの物事に従う。「因習因循
因幡(いなば)国。「因州
[名のり]なみ・ゆかり・よし・より

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いん【因】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いん【因】
起こり。原因。もと。 「チームワークが勝利の-となる」
〘仏〙 ある結果を引き起こす原因。特に、間接的・外的原因を縁というのに対し、直接的・内的原因をいう。 ⇔
インド哲学の論理学である因明いんみようで、ある命題を論証する際に、理由を説明する部分。 → しゆう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん【因】
〘名〙
仏語。狭義には、結果をひきおこすための直接の内的原因。間接的原因である縁に対する。広義には、両者を合わせたものをいう。⇔
霊異記(810‐824)上「善悪因果経に云はく、過去の因を知らむと欲(おも)はば其の現在の果を見よ」 〔鄒陽‐獄中上書〕
② 一般に、物事の起こるもと。原因。また、物事とのつながり。関係。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一二「其仔細を知らずと雖も因あるままに斯くはしるしつ」
③ インドの論理学、因明(いんみょう)でいう宗(しゅう)、因(いん)、喩(ゆ)の一つ。これから論証しようとする宗(命題)の理由を説明するもの。
④ 和算で、一位の数を掛けること。また、その積に対して一位の数をいう。〔算法新書(1830)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いん‐・す【因】
〘自サ変〙 ⇒いんする(因)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いん‐・する【因】
〘自サ変〙 いん・す 〘自サ変〙 もとづく。よる。また、由来する。
※文明東漸史(1884)〈藤田茂吉〉内篇「長崎地方に播種したる教徒、漸く生育して遂に滅絶するの期なきは、全く葡萄人の市内に雑居するに因するを知り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちなび【因】
〘名〙 =ちなみ(因)〔観智院本名義抄(1241)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちな・ぶ【因】
〘自バ四〙 =ちなむ(因)
※法華経玄賛保安三年点(1122)「故(か)れ、因(チナヒ)(そへ)に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちなみ【因】
〘名〙 (動詞「ちなむ(因)」の連用形の名詞化)
① ちなむこと。関連すること。ゆかり。えにし。関係。
※南海寄帰内法伝平安後期点(1050頃)一「事の因(チナミ)に願を発ししく『王舎城の所有の児子を食(くら)はむ』」
※正法眼蔵(1231‐53)行持上「山にいりて拄杖(しゅぢゃう)をもとむるちなみに迷山路して」
② 堅いちぎりを結ぶこと。結婚の約束をすること。ちぎり。
浮世草子・好色五人女(1686)五「是よりして後、脇に若衆のちなみは思ひもよらず」
③ 親しく交わること。また、その交わり。
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)二「今日より父の手前をはばからず御因(チナミ)を申べし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちな・む【因】
〘自マ五(四)〙
① ある事の縁によって、ある事柄を行なう。関連する。つながる。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)賈誼第一八「物をまいるにちなうて膳をあけさまに教訓するぞ」
※人情本・英対暖語(1838)序「永代と称(よぶ)橋に因(チナメ)ば、長物語の拾遺別伝」
② 堅いちぎりを結ぶ。男女が深い関係をもつ。結婚の約束をする。
※玉塵抄(1563)二三「女のよめりを姻と云はよめりしてむこのをとこによりそうてちなみしたしむほどにぞ」
※仮名草子・仁勢物語(1639‐40頃)上「男(おとこ)異女(ことおんな)ありて、思ひくたびれて、千歳の中も離々(かれがれ)にて、深うちなみぬる顔にて見れば」
③ 親しく交わる。親しくする。親しむ。
多胡辰敬家訓(1544頃)「かりそめも親類などにむつむつとちなみて置べし」
※俳諧・雪の尾花(1744)「とし比ちなみ置ける旧友・門人の情わすれがたきままに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

因の関連情報

他サービスで検索

「因」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.