Rakuten infoseek

辞書

回部【かいぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

回部
かいぶ
Hui-bu; Hui-pu
中国,新疆の南部のウイグル人イスラム教徒の総称。この地方のオアシス都市の住民は,古くはインド・ヨーロッパ語系の民族であったが,840年のウイグル帝国の崩壊後,移住してきたウイグル人の影響で次第にチュルク化した。 13世紀になるとその居住区はチャガタイ・ハン国領となり,14世紀にハン国が東西に分裂すると,東チャガタイ・ハン国に属した。 16世紀には西方から来たカシュガル・ホージャ家実権を握り,17世紀にジュンガルがハン家を滅ぼすと,ホージャ家のイスラム神権政治が実現したが,1759年に征服された。 19世紀にはしきりに反乱が起り (→回民起義 ) ,ヤクブ・ベクの反乱の鎮定後,1882年ここに新疆省がおかれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かいぶ【回部】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

回部
かいぶ
(しん)朝時代に、いまの新疆(しんきょう)ウイグル自治区のタリム盆地とそのイスラム教徒定住民をさした名称。1750年代に西域へ進出した清朝は、ジュンガル部の住む天山北路を準部(ジュンガリア)とよび、天山南路のイスラム教徒地方を回部とよんだ。1760年に清朝は準部を根拠とするジュンガル王国を滅ぼすとともに、その属領となっていた天山南路の回部をも支配して、清朝の藩部(はんぶ)の一つとして統治した。回部の定住トルコ人はいまのウイグル人の前身であり、当時、民族自称名をもたなかったので、清朝は彼らを回子(かいし)、回人(かいじん)ともよんだ。準、回両部をあわせて新疆とよんだ。清朝は回部の統治機関として伊犂(いり)将軍を最高長官とし、カシュガル駐在の参贊(さんさん)大臣を長とする各城市の弁事大臣に土着人を監督させ、土着人出身の有力者をベク(伯克)という称号をもつ官吏に任命して、自治を許した。北京(ペキン)の中央政府では理藩院のなかの徠遠清吏司(らいえんせいりし)が回部の事務を総轄した。清朝は回人と漢人を対立させたり、隔離、懐柔の政策をとったが、1860~70年代の新疆イスラム教徒の反乱が平定されたのち、1882年に新疆省制を敷いたので、回部は清朝の直轄地となり、これより回部の名称はしだいに消滅した。1930年代に新疆のイスラム教徒トルコ人はウイグルという民族名をとり、1949年の中華人民共和国の成立後、回部の地方は新疆ウイグル自治区の行政区域内に入っている。[佐口 透]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいぶ クヮイブ【回部】
中国清代に、イスラム教徒トルコ族の住んだ天山南路地方の名称。天山北路の準部に対応する呼称で、光緒八年(一八八二)両部を合わせて新疆省とした。回疆(かいきょう)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

回部
かいぶ
東トルキスタンのトルコ系イスラーム部族およびその居住地域の略称
古来東西交易の要地であった。元代はチャガタイ−ハン国に属したが,16世紀半ばごろ西トルキスタンからカシュガルに来たホッジャ尊称一門に握られ,1680年ごろからモンゴル族ジュンガル部に支配された。1755〜60年回部・ジュンガル部はともに乾隆 (けんりゆう) 帝に征服され,新疆 (しんきよう) (シンチヤン) と命名されて清朝藩部となる。19世紀半ばごろイスラーム教徒の反乱(回民起義)が頻発左宗棠 (さそうとう) が平定したが,平定前に進出したロシアと国境線に関して不利な内容のイリ条約を結んだのち,清は1882年新疆省を設立した。その後,一時ウイグル族・カザフ族による東トルキスタン共和国が成立したが,1955年ウルムチを首都とする新疆ウイグル自治区となり,現在に至っている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

回部」の用語解説はコトバンクが提供しています。

回部の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.