Rakuten infoseek

辞書

回避【かいひ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

回避
かいひ
Selbstablehnung
訴訟手続上,裁判官または裁判所書記官がみずから除斥または忌避の原因があると認めた場合,みずから職務執行を辞退することをいう。この場合,回が認められるためには,司法行政上の監督権がある裁判所の許可,または所属裁判所の決定が必要である (刑事訴訟規則) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐ひ〔クワイ‐〕【回避】
[名](スル)
物事を避けてぶつからないようにすること。また、不都合な事態にならないようにすること。「責任を回避する」
訴訟事件で、裁判官または裁判所書記官が、自己に除斥または忌避される原因のあることに気づいて、その事件の取り扱いを避けること。→忌避除斥

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいひ【回避】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいひ【回避】
スル
物事をさけること。危険や面倒を避けること。 責任を-する
訴訟事件で、裁判官または裁判所書記官が自分に除斥または忌避の原因があると考えた場合に、自発的に裁判の担当から退くこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

回避
かいひ
ある事件を担当することになった裁判官または裁判所書記官が、自己がその事件と特殊な関係にあると判断したときに(具体的には除斥(じょせき)原因、忌避(きひ)原因があるとき)、自らその事件の担当から辞退すること(民事訴訟規則12条、刑事訴訟規則13条・15条)。回避をするには、その者につき監督権を有する裁判所等の許可(民事訴訟規則12条)、あるいは、その者の所属する裁判所等の合議体の決定(刑事訴訟規則13条・15条、刑事訴訟法23条)が必要である。この制度は、裁判の公正・公平を保障し、ひいては司法に対する国民の信頼を確保することを目的とする。[本間義信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐ひ クヮイ‥【回避】
〘名〙
① 物事をよけて、それにあわないようにすること。事態がそうならないようにすること。
※律(718)逸文・廐庫・課税廻避不輸条「凡応輸課税、及入官之物。而廻避詐匿不輸」
※正法眼蔵(1231‐53)自証三昧「したがはざらんと廻避せんとすとも、うべからざるなり」 〔後漢書‐周沢伝〕
② 訴訟事件で、裁判官や裁判所書記官が、自分に除斥または忌避の原因があると考えた時、裁判所の許可を得て自発的に事件の担当から退くこと。〔仏和法律字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

回避」の用語解説はコトバンクが提供しています。

回避の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.