Rakuten infoseek

辞書

回転対称【かいてんたいしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

回転対称
かいてんたいしょう
rotational symmetry
空間的な図形を一つののまわりに回転させるとき,角度 2π/n ごとに初めの図形と一致する場合,n 回の回転対称があるといい,その軸を回転軸または対称軸,n を回転対称の回数または次数という。回転楕円体のように一つの軸のまわりに回転してできた図形では,n は無限大である。結晶に現れる対称に関しては n=1,2,3,4,6にかぎられる。また一つの軸のまわりの回転と,その軸上の 1点に関する点対称操作(反転)とを組み合わせたものを回反といい, で表す。1回の回反反転,2回の回反は鏡映(面対称操作)である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいてん‐たいしょう〔クワイテン‐〕【回転対称】
一つの点を中心に、ある図形を360/n度回転させたとき、元の図形に完全に重なり合うこと。このとき、nは2以上の整数であり、n回対称性という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいてんたいしょう【回転対称】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

回転対称
カイテンタイショウ
rotation symmetry

図形を一つの軸のまわりに任意の位置から角度2π/nだけ回転したとき,もとの図形と回転後の図形に変化がない場合,n回の回転対称をもつという.[別用語参照]回転軸

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

回転対称」の用語解説はコトバンクが提供しています。

回転対称の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.