Rakuten infoseek

辞書

回旋【かいせん】

妊娠・子育て用語辞典

かいせん【回旋】
産道の形に合わせ、赤ちゃんが少しずつ向きを変え回転しながら降りてくることを「回」といいます。回旋がうまくいかないと、陣痛が起きていてもなかなか赤ちゃんが降りてくることができません。これを「回旋異常」といいます。

出典:母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐せん〔クワイ‐〕【回旋/×廻旋】
[名](スル)
くるくる回ること。くるりと回すこと。旋回。
植物の茎が支柱などに巻きつきながら伸びていくこと。アサガオなどにみられ、右巻き左巻きとがある。
上腕や腿(もも)を、位置を変えず、長軸を中心として回転させること。内旋外旋がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐せん クヮイ‥【回旋】
〘名〙 (━する) ぐるぐる回すこと。くるくる回ること。巡らすこと。旋回
※山王絵詞(1310頃)一四「鎌倉の小町と云所に廻旋する入道の有けるに」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉緒言「其内部の底に徹して転覆回旋の大騒乱を起さざるを得ざるなり」 〔列子‐湯問〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

回旋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

回旋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.