Rakuten infoseek

辞書

回回暦【かいかいれき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

回回暦
かいかいれき
元・明代の頃,中国に伝来したアラビア天文書。元の初期,アラビア天文学が伝わり,その暦法が中国古来のの計算の是正に役立った。フラグ・カンによってイランに建てられた大天文台で編まれた『イルカン天文表』を参考につくられたものといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいかいれき【回回暦 Huí huí lì】
回暦ともよばれ,中国において純粋な太陰暦によるイスラム暦を指したもの。月の満ち欠けの1周期を1月とし,12月を1年とする。1ヵ月は30日と29日からなり,閏月を置かないので354日が1年となる。30年を1周期とし,そのなかで年末の12月に閏日をおいた11年だけ(したがってこの間に11の閏日がある)は355日からなり,両者を平均すると1年が354日8時間48分となって,2.7回帰年ごとに1月の差,32.6年ごとに1年の差が累積する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

回回暦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

回回暦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.