Rakuten infoseek

辞書

四角【シカク】

デジタル大辞泉

し‐かく【四角】
[名・形動]
正方形・長方形などのように、四隅にかどのある形。四辺形。四角形。また、そのようなさま。「四角な(の)折り紙」「真(ま)四角
角ばっていること。また、そのようなさま。「四角な顔」
人の態度・行動などが、型にはまって堅苦しいこと。また、そのようなさま。「四角にかしこまる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しかく【四角】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しかく【四角】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
正方形・長方形など四隅に角かどのある形。また、そのさま。 「 -な机」 「真-」
態度などの折り目正しいこと。また、真面目すぎて堅苦しいさま。 「あまり-な事をいうな」 「 -に堅くろしく、すはつて見ても何とやら/当世書生気質 逍遥
[句項目] 四角な文字

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐かく【四角】
〘名〙
① 四方のすみ。四方のかど。よすみ。
※内裏式(833)七日会式「左右衛門樹梅柳於舞台之四角及三面」 〔礼記注‐壇弓上〕
② (形動) 四隅に角(かど)があること。また、その形。四角形。また、かどばっていることや、そのさま。
※信長公記(1598)一五「御装束、京染の御小袖、御頭巾、御笠、少し上へ長く四角なり」
洒落本・辰巳之園(1770)「元結を四角(シカク)に巻」
③ (形動) 厳格なこと。まじめで堅苦しいこと。堅苦しくて面白みのないこと。また、そのさま。四角四面
※洒落本・富岡八幡鐘(1802)茶屋の段「四角なしゃれをいふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しかく‐・い【四角】
〘形口〙 (名詞「しかく(四角)」の形容詞化)
① 四角な形である。
※あきらめ(1911)〈田村俊子〉三「看板が、四角く白く勾配になってゐる」
② かたくるしくかしこまったさまである。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生と赤い月「きちんとした清楚な座敷のかしこまり方に思はず釣られて申し合せたやうに四人が四角く坐った時」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よつ‐かど【四角】
〘名〙
① 四つの角。四方のすみ。
② 二本の道路が交わっている所。四つ辻
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)二「阡陌 京坂に四辻と云、江戸四つ角と云。乃十字街也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四角」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四角の関連情報

他サービスで検索

「四角」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.