Rakuten infoseek

辞書

四端【シタン】

デジタル大辞泉

し‐たん【四端】
《「孟子」公孫丑上から》人が生まれながらに持っている、仁・の芽生えともいうべき四つの心。すなわち、惻隠(そくいん)を憎む心、謙譲の心、物事の是非を見きわめる心の四つをいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

したん【四端 sì duān】
中国,儒教主張の一つ。孟子によれば,人の身体に四つの手足があるように,心のなかにも惻隠(そくいん)(あわれみいたむ心),羞悪(しゆうお)(悪を恥じ憎む心),辞譲(譲りあう心),是非(よしあしを見わける心)の四つが本来的に備わっていて,これら四つの芽生え(四端)を,それぞれ仁,義,礼,智という完全なへとたいせつに育てあげねばならないという(《孟子》公孫丑上篇)。朱熹仁義礼智を〈性〉(本性)とし,〈四端〉とはそれらが〈情〉として外に現れ出た〈〉(端緒,いとぐち)だと解釈する(《孟子集注(しつちゆう)》)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

したん【四端】
孟子 公孫丑上
仁・義・礼・智の徳に達するための四つの糸口。惻隠そくいん・羞悪しゆうお・辞譲・是非の四つの心の総称。孟子の性善説の根底を成す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

四端
したん
中国、戦国時代の儒者孟子(もうし)の用語で、惻隠(そくいん)(哀れみ)、羞悪(しゅうお)(廉恥(れんち))、辞譲(じじょう)(謙譲)、是非(ぜひ)(善悪の判断)の四つの感情をいう。ともに道徳的情操であり、それぞれ仁(じん)、義(ぎ)、礼(れい)、智(ち)の四徳に対応する。端は兆し。心に兆す四徳の芽生えが、四端である。たとえば、幼児が井戸に落ちそうなのを見れば、人はだれでも哀れみの心をおこすが、それはその子の親に近づこうとか、同郷人に褒められたいとかいった打算を超えた人間の自然な感情である。それを仁の端とするのである。四端を拡大していけば、人間の善性は完全に発揮できるというこの議論は『孟子』の「公孫丑(こうそんちゅう)」上篇(へん)にみえ、孟子の性善説の根幹をなしている。なお四端について南宋(なんそう)の朱熹(しゅき)(朱子)は「端は緒(しょ)なり」と解釈し、四徳は本来心に備わっているもので、それが心の表面に現れる端緒を四端とした。この解釈は朱子学の一般化とともに、長く四端説の正統的理解とみなされた。[土田健次郎]
『小林勝人訳注『孟子』上下(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐たん【四端】
〘名〙 仁・義・礼・智の徳を発する四つの糸口
※大学垂加先生講義(1679)「而して名こそなけれ、『孟子』の四端を論ぜる所が、べったりと明徳也」 〔孟子‐公孫丑上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四端」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四端の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.