Rakuten infoseek

辞書

四番目物【ヨバンメモノ】

デジタル大辞泉

よばんめ‐もの【四番目物】
能の分類で、正式な五番立て演能の際に、四番目に上演される脇能物修羅物鬘物(かずらもの)切能物(きりのうもの)以外のすべての曲を広く含む。能物(ざつのうもの)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よばんめもの【四番目物】
能の分名。江戸時代,五番立て(一日の番組編成基準に基づく分類法)を正式とした能番組で,四番めに据えられる能。江戸期の型付には,〈雑類〉〈雑物〉〈雑の能〉等と分類されている。現行曲は各流とも約90曲。曲種によって《高野物狂》《蘆刈》《土車》等の男物狂と《百万》《桜川》《三井寺》等の女物狂を総括して〈狂乱物〉,《船橋》《通小町》《阿漕(あこぎ)》等の〈執心物〉,《三笑(さんしよう)》《邯鄲(かんたん)》《天鼓(てんこ)》などの〈遊楽物〉,《鉢木》《盛久》《安宅》等の〈現在物〉などに分類するが,《錦木》《松虫》《梅枝(うめがえ)》等を〈執心遊楽物〉,《摂待(せつたい)》《景清》《鳥追舟》等を〈人情物〉とすることもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よばんめもの【四番目物】
五番立て演能で、四番目に演ぜられる曲の総称。一括しにくいので雑能物ともいい、さらに分ければ、物狂物ものぐるいもの・現在物、そして執念物ともいうべき「葵上」「道成寺」その他の類がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よばんめ‐もの【四番目物】
〘名〙 能の五番立て上演で、四番めに演じられることを原則とする能。主人公(シテ)は狂女・武士・怨霊など広範囲で、曲の性格も多種に及ぶ。脇能・修羅物・鬘物・切能には分類しがたい能の類をいう。よんばんめもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四番目物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四番目物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.