Rakuten infoseek

辞書

四海【シカイ】

デジタル大辞泉

し‐かい【四海】
四方の海。よものうみ。
《四方の海の内の意》国内。世の中。天下。また、世界。「四海を掌握する」「四海同胞」
仏語須弥山(しゅみせん)を取り巻く四つの外海

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しかい【四海 sì hǎi】
天下の意。古代の中国人は中国の四方を海がとりまいていると考えた。《爾雅(じが)》が中国の九州の外に四極,その外に四荒,さらにその外に四海がひろがり,四海は九夷,八狄,七戎,六蛮など野蛮人の住地であるというのは,海hǎiとhuìの音声の類似から,海が文明の光のとどかぬ“晦(くら)い”ところと意識されたからである。また中国医学では,人間のからだに髄海,血海気海,水穀の海の四海を想定し,十二経水がこれら四海に注ぐと考えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しかい【四海】
四方の海。
国内。天下。世の中。また、世界。 「征夷将軍の跡を継がしめ以て-に号令せり/日本開化小史 卯吉
〘仏〙 須弥山しゆみせんを四方から取りまく海。
[句項目] 四海波静か

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐かい【四海】
〘名〙
四方の海。よものうみ。
※菅家文草(900頃)二・九月九日、侍宴「較量皇恩沢、翻来四海波
② (四方の海のうちの意から) 国内。くにじゅう。また、世界。世の中。天下。
※続日本紀‐養老五年(721)三月癸丑「朕君臨四海。撫育百姓
※平家(13C前)七「平相国といふ者あり。四海を管領して万民を悩乱せしむ」 〔書経‐説命〕
③ 四方の外国。国のまわり。四方のえびす。
※集義和書(1676頃)七「夷・蛮・戎・狄も、仁政をしたひ威武を恐て来服す。是を四海一家の如く中国一人の如しと云」 〔書経‐益稷〕
④ 仏語。須彌山(しゅみせん)をとりまく四方の外海。
※観智院本三宝絵(984)下「輪王の四海のほかにめぐりてたのしびをほく身かうばしきも」 〔経律異相‐四二〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四海」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四海の関連情報

他サービスで検索

「四海」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.