Rakuten infoseek

辞書

四方【シホウ】

デジタル大辞泉

し‐ほう〔‐ハウ〕【四方】
四つの方角。東西南北の方角。
周囲。「四方から救いの手がさしのべられた」「五里四方
諸地方。諸国。天下。「四方を治める」
正方形の各辺。「一センチ四方
四角。かくがた。
四すみにくり形の穴のある、物をのせる台。
近世、正方形の指物(さしもの)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よ‐ほう〔‐ハウ〕【四方】
四つの方角。しほう。〈日葡
四すみに角のある形。四角。
「大きなる石の―なる中に」〈更級
周囲。しほう。〈ロドリゲス日本大文典
枡(ます)をいう女房詞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よ‐も【四方】
東西南北、また、前後左右の四つの方向。しほう。「四方を見回す」「四方の山々」
あちらこちら。また、いたる所。
「美しきすみれの花束、きらきらと光りて、―に散りぼうを」〈鴎外うたかたの記〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しほう【四方】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しほう【四方】
東西南北の四つの方角。
周囲。 「 -を山で囲まれる」
いろいろな方角。 「 -へ逃げ散る」
四角。 「 -形」
物をのせる台。折敷おしきに、四方にくり穴をあけた四角の台をつけたもの。 → 三方さんぼう
天下。諸国。 「 -に号令する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よほう【四方】
四角。しほう。 「大きなる石の-なる中に/更級」
周囲。しほう。 「イッチョウ-/ロドリゲス」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よも【四方】
東西南北。前後左右。しほう。 「 -を見わたす」
あちらこちら。諸方。 「 -の山々」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

しほう【四方】
衝重(ついがさ)ねの一種。檜(ひのき)製の白木の折敷(おしき)の下に台を取り付け、その台の四面に刳形(くりかた)(穴)をあけたもの。神仏に捧げる供物や食器をのせるのに用いる。◇台の三面に刳形をあけたものを「三方(さんぼう)」、刳形のないものを「供饗(くぎょう)」という。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐ほう ‥ハウ【四方】
〘名〙
① 四つの方向、方角。東、西、南、北。
※今昔(1120頃か)一「太子已に生れ給ひぬれば、天人手を係け奉て、四方に各七歩を行ぜさせ奉る」
② 周囲。ぐるり。あらゆる方角。八方。
※凌雲集(814)賦桜花〈平城天皇〉「昔在幽岩下、光華照四方
※平家(13C前)二「四方へ皆逃さりぬ」
③ 自国のまわりの国。諸国。また、あらゆる所。諸方。天下。
※今昔(1120頃か)一「王、此を聞て悶絶地して暫く在て醒悟(さめ)て諸の臣に勅して四方に太子を尋ね求め奉て」 〔詩経‐小雅・北山〕
④ 四すみに角がある形。四角。よほう。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「ナガクモ ナク、ミジカクモ ナク、マルクモ ナク、xifǒni(シハウニ) ナキ モノ ナリ〔仮名法語〕」
⑤ 四すみにくり形の穴がある物を載せる台。
※大上臈御名之事(16C前か)「つゐがさねは、そうみゃうなり、くぎゃう、四はうはつねの人はもちゐず、けんしゃうを四方にあけたるをいふ也」
近世の武具の指物(さしもの)の一種。正方形のもの。また、一説に、四半②のものとも。
※甲陽軍鑑(17C初)品一七「高坂弾正 旗くちばの四方 四百五拾騎」
※俳諧・本朝文選(1706)一・辞類・鉢扣辞〈去来〉「あるひはさかやきをすり、或は四方にからげ、法師ならぬすがたの衣引かけたれど」
[補注]④の意は「よほう」と読まれている資料が多い。また、歴史的かなづかいも「はう」ではなく「ほう」であるという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よ‐ほう ‥ハウ【四方】
〘名〙
① 四つの方向、方角。しほう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
正方形。四角。しほう。
更級日記(1059頃)「えもいはず大きなる石のよほうなる中に」
③ 周囲。ぐるり。しほう。
※百丈清規抄(1462)四「うらを三四分四方(ヨホウ)つつはかりわけて占なうて吉凶を知ぞ」
④ 枡(ます)をいう女房詞。〔婦人養草(1689)〕
[語誌](1)歴史的かなづかいはハウとしたが、四角の意の場合はホウであるとする説が有力である。
(2)古くは、東西南北の方角を「しはう」、四角形の形を「よほう」といった。「方」の字音には、「観智院本名義抄」の和音注が示すように、ハウとホウとがあり、これは漢音・呉音の別ではなく、方角の意の場合、開音ハウ、四隅(角)の意と、医方の意の場合、合音ホウとなる。
(3)「方」の字音に、ハウとホウ両者があったことについては、類書や抄物でも注意しているが、特に法華経読誦をめぐって、日遠「法華経随音句」や宗淵「法華経音弁訛」などがその使い分けを説いている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よ‐も【四方】
[1] 〘名〙
① (ある所を中心として)東西南北前後左右。しほう。まわり。ぐるり。
※天理本金剛般若経集験記平安初期点(850頃)「目を挙げて四望(ヨモをみれ)ば朗然明徹、仏殿講堂一として皆見えず」
※広本拾玉集(1346)五「今様 花 春のやよひのあけぼのによもの山べを見わたせば」
② あちらこちら。諸方。また、いたるところ。
※書紀(720)雄略二〇年冬(前田本訓)「其の王(こきし)、入(まゐ)りて天皇に仕す。四隣(ヨモ)の共に識る所なり」
③ 「よも(四方)の赤」の略。
※滑稽本・四十八癖(1812‐18)二「オット来たり四方(ヨモ)か、滝水五升、こいつが命から二番目だ」
[2] 江戸時代、江戸日本橋和泉町にあった酒と味噌を商う四方久兵衛の店。味噌は赤味噌が有名で、酒は「滝水(たきすい)」という銘酒を売り出していた。四方久(よもきゅう)
洒落本・大通秘密論(1778)中車を行助六「『わかいものが、毎日のやうに、行いすはな』『よものみそかひにか』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

四方の関連情報

他サービスで検索

「四方」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.