Rakuten infoseek

辞書

囚人【シュウジン】

デジタル大辞泉

しゅう‐じん〔シウ‐〕【囚人】
獄につながれている者。
刑務所拘置所などの刑事施設に収容されている受刑者被疑者被告人などを意味する古い用語。→既決囚未決囚
[補説]平成7年(1995)の刑法改正に伴い、「人」という語は法律上では用いられなくなった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めし‐うど【人】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めしゅうど〔めしうど〕【人】
《「めしびと」の音変化。古くは「めしゅうと」》捕らえられて獄につながれている人。しゅうじん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅうじん【囚人】
牢獄につながれている人。とらわれ人。めしうど。
刑務所に収監されている者。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めしゅうど【囚人】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

囚人
しゅうじん
刑事施設に収容されている被収容者を意味する古い用語。条文の平易化を図った1995年(平成7)の「刑法の一部を改正する法律」の成立前の刑法第97条では、「既決、未決ノ囚人」という語が用いられていたが、同改正法により「囚人」の語は廃止され、現行法令上は用いられていない。刑事事件による既決・未決の被収容者のほかに、広義では民事上の債務不履行による被収容者を含む。日本では前二者に限られるが、立法例のうちには現在でもこれを認めるものがある。[石川正興]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐じん シウ‥【囚人】
〘名〙
① 獄につながれている者。めしゅうど。とらわれびと。
※経国集(827)二〇・大神虫麻呂対策文「囚人不皐繇之霊
※草枕(1906)〈夏目漱石〉一〇「屠(ほふ)られたる囚人の血が、自づから人の眼を惹(ひ)いて」
② 法令によって刑務所に拘禁されている、既決囚および未決囚。在監者。
※刑法(明治四〇年)(1907)九七条「既決、未決の囚人逃走したるときは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とらえ‐びと とらへ‥【囚人】
〘名〙 つかまえられて獄などにつながれている人。めしうど。しゅうじん。とりこ。とらえもの。
※書紀(720)持統二年六月(北野本訓)「天下に令して繋囚(トラヘヒト)の極刑は本の罪を一等減せ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とらわれ‐びと とらはれ‥【囚人】
〘名〙 とらえられた人。めしゅうど。とりこ。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※源平盛衰記(14C前)四三「我等囚(トラハ)れひとに成なば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

囚人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

囚人の関連情報

他サービスで検索

「囚人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.