Rakuten infoseek

辞書

囃子詞【ハヤシコトバ】

デジタル大辞泉

はやし‐ことば【×囃子詞】
歌謡などで、歌詞の本文とはなれて、歌い出しの部分や中間・終わりに調子をとるためにさし入れる言葉。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はやしことば【囃子詞】
日本音楽の用語。歌をひきたてたり,活気づけたりするために,歌詞の本文に挿入された短いことばのこと。また,歌詞の字足らずを埋めて拍子を調節するために挿入された短いことばをも指す。囃子詞は歌う本人が唱える(あるいは歌う)こともあるが,一般には第三者(複数の場合もある)が唱えることが多い。囃子詞を加えることでもっとも効果をあげているのは民謡である。たとえば,《ソーラン節》《ヨサレ節》《ホーハイ節》《おこさ節》《よさこい節》など,囃子詞がそのまま曲名となったものも多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はやしことば【囃子詞】
唄の掛け声の部分。唄の調子を整えたり、唄をひきたてたりするために歌詞に添えられる。今は意味が不明になったものが多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

囃子詞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

囃子詞の関連情報

他サービスで検索

「囃子詞」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.