Rakuten infoseek

辞書

噴門【フンモン】

デジタル大辞泉

ふん‐もん【噴門】
胃の入り口の部分。食道からに連なる部分。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

噴門
 食道から胃への入口のこと.下部食道括約筋で閉鎖されて胃の内容物が食道へ逆流しないようになっている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふんもん【噴門】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふんもん【噴門】
胃の入り口。食道から胃への移行部。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

噴門
ふんもん
食道から胃に移行する部位をいう。胃の入口に相当し、出口に相当する幽門に対するものである。第10あるいは第11胸椎(きょうつい)の高さに位置し、腹壁に投射すれば、左第7肋骨(ろっこつ)と胸骨の結合部に相当する。胃が充満すると自然に噴門部が閉じ、内容物が食道に逆流するためには5倍くらいの圧力が必要となる。また、食道の蠕動(ぜんどう)が強くなると噴門は開くが、あまり冷たいものや酸などが食道に入ると、噴門は反射的に閉じる。[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふん‐もん【噴門】
〘名〙 胃の入口で、食道からの流入口に相当する部分。〔生物学語彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

噴門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

噴門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.