Rakuten infoseek

辞書

【ウツワ】

デジタル大辞泉

うつわ〔うつは〕【器】
物を入れるもの。入れ物。容器。「に盛る」
人物や能力などの大きさ。器量。「人の上に立つではない」
道具。器械。〈和英語林集成

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【器】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]うつわ
学習漢字]4年
入れ物。また、一定の形に作られた道具。「楽器機器凶器銀器磁器漆器什器(じゅうき)食器土器陶器鈍器武器名器容器利器
生物体で、特定の働きと形を持つもの。「器官性器臓器
人間の働きや才能。「器用器量才器大器凡器
[名のり]かた
[難読]土器(かわらけ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

き【器】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うつわ【器】
物を入れる器具。入れ物。容器。 「 -に盛る」
(ある仕事・地位にふさわしい)才能と人格。器量。人物の大きさ。 「人の長となる-」
器具。道具。 「もろもろの調楽の-をぞ執る/邪宗門 白秋

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うつわ うつは【器】
〘名〙 (古くは「うつわもの」の語形をとる)
① いれもの。容器。うつわもの。〔補忘記(貞享版)(1687)〕
器具。道具。
※読方入門(1884)〈文部省〉「たいこ、らっぱ、たいはうは、いくさのときのうつはなり」
③ 人物や才能などの大きさ。器量。
※歌林四季物語(1686)一「よかるべきうつはには位をのぼせ」
④ 女陰。
※雑俳・末摘花(1776‐1801)二「初会にはうつわをかすとおもふ也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【器】
〘名〙
① うつわ。いれもの。器物。また、それを数えるのに用いる。
※遊楽習道風見(1423‐28頃)「山海・草木、有生・非生に至る迄、万物の出生をなす器は天下也」 〔論衡‐命祿〕
② 物事に役に立つ才能。また、有能な人物。器量。資質。
保元(1220頃か)上「昔より位をつぎ、譲りをうくること、必ず嫡孫にはよらね共、其の器をえらび外戚の安否をも尋ねらるるにてこそあれ」
仮名草子・身の鏡(1659)中「景時と先陣あらそひ、是又将の器(キ)にあたらぬ作法なり」 〔漢書‐韋賢伝〕
③ はたらきを備えたもの。機能あるもの。「消化器」「循環器」「感覚器」などの形で用いる。
④ 小型の、また、それ自身には動力装置のない機械。「受話器」「電熱器」などの形で用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

器の関連情報

他サービスで検索

「器」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.