Rakuten infoseek

辞書

器之為璠【きし いはん】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

器之為璠 きし-いはん
1405-1468 室町時代の僧。
応永12年生まれ。大隅(おおすみ)(鹿児島県)の人。長門(ながと)(山口県)の曹洞宗(そうとうしゅう)大寧寺竹居正猷(ちくご-しょうゆう)に師事し,その法をつぐ。周防(すおう)(山口県)竜文(りゅうもん)寺を中興し,大寧寺,丹波永沢(ようたく)寺(兵庫県)の住持もつとめた。応仁(おうにん)2年5月24日死去。64歳。号は天遊子。著作に「器之為璠禅師語録外集」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

器之為璠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

器之為璠の関連情報

関連キーワード

勘合貿易遣明船(年表)骨皮道賢スカンデルベグ帖木児日野業子ティムール帖木児チムール(帖木児)クリスチーヌ・ド・ピザン鄭和

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.