Rakuten infoseek

辞書

嘉禄【カロク】

デジタル大辞泉

かろく【嘉禄】
鎌倉前期、後堀河天皇の時の年号。1225年4月20日~1227年12月10日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かろく【嘉禄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かろく【嘉禄】
年号(1225.4.20~1227.12.10)。元仁の後、安貞の前。後堀河天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

かろく【嘉禄】
日本の元号(年号)。鎌倉時代の1225年から1227年まで、後堀河(ごほりかわ)天皇の代の元号。前元号は元仁(げんにん)。次元号は安貞(あんてい)。1225年(元仁2)4月20日改元。疫病の流行を断ち切るために行われた(災異改元)。『博物志(はくぶつし)』を出典とする命名。嘉禄年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、執権は北条泰時(やすとき)(3代)。1219年(建保7)に第3代将軍源実朝(さねとも)が暗殺されると、鎌倉幕府は皇族の将軍就任を朝廷に求めた。しかし、後鳥羽上皇から拒否されたため、源頼朝(よりとも)の遠縁にあたる頼経の下向を奏請、1226年(嘉禄2)に新将軍に任じられた。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嘉禄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

嘉禄の関連情報

関連キーワード

藤原実房三条実房ナーシルエルディグズ朝三槐抄陳朝ナーシル李朝[ベトナム]岡屋関白記

他サービスで検索

「嘉禄」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.