Rakuten infoseek

辞書

嘉吉【カキツ】

デジタル大辞泉

かきつ【嘉吉】
室町中期、後花園天皇の時の年号。1441年2月17日~1444年2月5日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かきつ【嘉吉】
年号(1441.2.17~1444.2.5)。永享の後、文安の前。後花園天皇の代。かきち。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

かきつ【嘉吉】
日本の元号(年号)。室町時代の1441年から1444年まで、後花園(ごはなぞの)天皇の代の元号。前元号は永享(えいきょう)。次元号は文安(ぶんあん)。1441年(永享13)2月17日改元。1441年は天命が改まる(王朝が交代する)革命の年とされる辛酉(しんゆう)にあたることから改元が行われた(革年改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。嘉吉年間の室町幕府の将軍は足利義教(よしのり)(6代)、足利義勝(よしかつ)(7代)。下総の結城氏朝(うじとも)・結城持朝(もちとも)父子らが幕府に反旗を翻した結城合戦は、1441年(嘉吉1)、結城城の落城と氏朝・持朝父子らの自害で終結した。同年、播磨国守護の赤松満祐(みつすけ)は、結城合戦の戦勝を祝うとして将軍義教を自邸に招いて謀殺し、領国に逃亡。満祐はその後、幕府の追悼軍に敗れ自害した(嘉吉の乱)。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かきつ【嘉吉】
室町時代、後花園天皇の代の年号。永享一三年(一四四一)二月一七日、革命により改元。同四年に文安と改元。出典は「周易」の「孚于嘉吉、位正中也」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嘉吉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

嘉吉の関連情報

関連キーワード

足利義教足利義教赤松教康赤松満祐大内持世正親町三条実雅嘉吉の土一揆佐々木持清赤松満祐

他サービスで検索

「嘉吉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.