Rakuten infoseek

辞書

嗚呼/噫【アア】

デジタル大辞泉

ああ【嗚呼/×噫】
[感]
物事に深く感じたり驚いたりした気持ちを直接表す語。「―、わが故郷の山々よ」
呼びかけに用いる語。「―君、君」
同意したり肯定したりする応答。「―、わかったよ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ああ【嗚呼】
〘感動〙
① 勝ち誇って笑うときに発する声。あざ笑う声。→ああしやをああしやごしや
※釈日本紀(1274‐1301)二三「阿々 私記曰咲声也」
② ものごとに感じて、驚き、悲しみ、喜び、疑問などを表わすことば。
※書紀(720)神武即位前(北野本訓)「嗟乎(アア)、吾が祖(みおや)は天神(あまつかみ)
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「唉(アア)もう何を為るのも否(いや)だ」
③ 相手に不承知・不服であることを示す返事のことば。多く、狂言で用いる。承知した場合には「おお」「はあ」などと言う。
※虎寛本狂言・縄綯(室町末‐近世初)「『何の役に立ぬやつの。すっこんで居おろ』『アア』」
④ 相手に呼び掛けるときのことば。
※光悦本謡曲・安宅(1516頃)「ああ暫く、あわてて事を為損ずな」
⑤ 相手の話し掛けに対して同意して答えるときのことば。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)四「人が物を問ふにと云たれば、ああそれもようさうと、かう云たぞ」
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「『一人でよく眠れた?』『ああ』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嗚呼/噫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

嗚呼/噫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.