Rakuten infoseek

辞書

営造法式【えいぞうほうしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

営造法式
えいぞうほうしき
Ying-zao fa-shi
中国において官庁から発行された建築書のうち最古のもの。北宋末期の李明仲 () が元符3 (1100) 年に完成し,崇寧2 (03) 年初版本が刊行された。現存のものは紹興 15 (45) 年の再刊本の系統に属する。 36巻から成り,建築技法,材料の規格などに関して詳述し,経済史,社会史上でも貴重な資料となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいぞうほうしき【営造法式 Yíng zào fǎ shì】
中国,北宋時代の官撰建築技術書。将作監の李誡(りかい)(?‐1110)によって1100年(元符3)に編修,03年(崇寧2)に刊行。1091年(元祐6)編修した同名の書の不備を改めるべく編纂され,北宋初期の喩皓(じゆこう)の《木経(ぼくけい)》などの先人の成果をもとり入れて集大成したもの。全36巻。看詳(序目),総釈(術語字解)と壕寨(ごうさい)(土木)・石・大木・小木・瓦・塼(せん)ほか諸作(工事)の制度(設計規準)・功限(工数積算)・用料(用材積算)および図様(図面)を収載

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

営造法式
えいぞうほうしき
中国の建築技術書。北宋(ほくそう)哲宗のとき、李明仲が勅を奉じて編纂(へんさん)した。1103年に初版が刊行されたが伝わらず、現在みる版本は1145年に重刊されたもの。まず建築関係の文献を載せ、壕寨(ごうさい)、石作、大木作、小木作、彫作、旋作、鋸作(きょさく)、竹作、瓦作、泥作、彩画作、(せんさく)、窯作などの13種工法、手間や材料などの規格が詳細に記されており、緻密(ちみつ)な絵図を付す。これに補遺、目録を加えて全36巻。古代建築の構造や技術を知るうえで貴重な文献である。[吉村 怜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

営造法式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

営造法式の関連情報

他サービスで検索

「営造法式」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.