Rakuten infoseek

辞書

営業譲渡【えいぎょうじょうと】

デジタル大辞泉

えいぎょう‐じょうと〔エイゲフジヤウト〕【営業譲渡】
有形・無形の営業財産を、契約によって組織体を保持したまま他人に移転すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典

営業譲渡
営業財産を中心とする組織体としての営業を一体として譲り渡すこと。合併会社分割に似ているが税制上は「譲渡」にあたるため、時価での引き渡し・権利の引継ぎの点で大きく異なる。会計処理として譲り受けた資産・負債と支払った対価差額が「営業権」になる。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

M&A用語集

営業譲渡
営業譲渡(事業譲渡)とは、会社ごと売買するのではなく、会社の中身のうち、必要な事業に関連する資産・負債のみを売買するM&Aの手法のこと。売り手企業 (売却企業) のオーナーは、譲渡した事業に対する支配権を完全に失う。店舗や工場といった土地建物などの有形固定資産や売掛金・在庫などの流動資産だけでなく、営業権 (のれん) や人材、ノウハウといった無形資産も譲渡対象となるため、買い手企業 (買収企業) は必要な資産のみを譲り受けることができる。売り手企業は、同一市町村内では同一営業を再開することができなくなるという法律 (会社法) 上の制約 (競業避止義務) を受ける。また買い手企業にとっては、契約で引き継ぐと謳われている債務以外は、原則として引き継ぐ必要がないため、簿外債務などが発覚しても負担する必要はない。中小企業のM&Aにおいても株式譲渡と並びポピュラーな手法である。なお、会社法施行により、商法上の用語である「営業譲渡」は「事業譲渡」に変更された。

出典:株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいぎょうじょうと【営業譲渡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えいぎょうじょうと【営業譲渡】
契約により営業財産を一体として他に譲り渡すこと。また、その契約。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

営業譲渡
えいぎょうじょうと
transfer of business
営業の移転を目的とする債権契約(商法15以下,会社法21以下。→事業譲渡)。営業財産の譲渡により譲受人は自己の営業活動を開始し,それによって当然に営業者としての地位を取得する。営業の譲渡により,当事者間においては営業に属する各種の財産を移転する義務が生じ,譲渡人の営業に属する一切の構成部分は,特約による除外がないかぎりすべて譲受人に移転する。しかし,そのおのおのについては,個別的に登記・引き渡しなどの対抗要件の手続きをしなければならない。また,営業の譲渡は譲受人の営業をそのまま継続させるものであるから,営業の譲渡人が同種の営業を再開して譲受人と競争する関係に入ることは,営業譲渡の実効を失わせるものであるので,商法は,譲渡人に一定範囲の競業避止義務を負わせている(商法16,会社法21)。営業の譲渡は原則として自由であるが,特別法によって制限されることがある(独占禁止法16)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

営業譲渡
えいぎょうじょうと
一定の営業目的により組織づけられた有機的一体としての機能的財産の移転を目的とする債権契約。営業譲渡は譲渡契約であって、法律上当然の移転ではないから、その点で、相続財産が被相続人に当然移転する相続や、被合併会社の権利義務が合併会社に当然包括承継される会社の合併とは区別される。営業譲渡の範囲は、かならずしも営業を構成する全財産の譲渡でなければならないわけではなく、営業の同一性が認められる限りこれを構成する財産に若干の変更があっても、営業の譲渡となる。営業所を中心に有機的な一単位として独立した営業の存在が認められる支店だけの譲渡、または営業を構成する営業所のうち、1個の営業所の分離譲渡も可能である。営業の譲渡によって、当事者においては、営業に属する各種の財産を移転する義務が生じ、財産的価値ある事実関係については(たとえば得意先、営業上の秘訣(ひけつ)など)、譲渡人は譲受人にこれを利用しうるような措置を講ずる必要がある。また、営業の譲渡人が譲渡した営業と同種の営業を再開して、譲受人と競業関係に入り、営業譲渡の実効性を失わしめることを防止するために、商法は一定の範囲内において譲渡人に競業避止義務を課している(商法16条)。また、営業譲渡を第三者に対抗させるためには、動産については引渡し、不動産の場合は登記、知的財産権については登録など、それぞれの対抗要件を備えなければならない。なお、会社の営業譲渡については、2005年(平成17)6月に成立した会社法で、事業譲渡と改称するとともに、これに関する詳細な規定を置いている(会社法21~23条、株式会社につき467~470条・309条2項11号)。独占禁止法は、事業譲渡により独占や競争制限をもたらすことのないよう、一定の規制を加えている(16条)。[戸田修三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えいぎょう‐じょうと エイゲフジャウト【営業譲渡】
〘名〙 営業用の物品、債権債務、のれんなどを含む営業を一体として、契約により移転すること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

営業譲渡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

営業譲渡の関連情報

他サービスで検索

「営業譲渡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.