Rakuten infoseek

辞書

【キ】

デジタル大辞泉

き【喜】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]よろこぶ
学習漢字]4年
よろこぶ。よろこび。「喜悦喜色喜怒哀楽歓喜狂喜驚喜欣喜(きんき)随喜悲喜一喜一憂
よろこばしい。めでたい。「喜雨・喜事」
(草書体「」の分析から)七十七歳。「喜寿
[名のり]たのし・のぶ・はる・ひさ・ゆき・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よろこぼ・う よろこぼふ【喜】
〘自ハ四〙 (動詞「よろこぶ(喜)」に、反復・継続を表わす接尾語「ふ」の付いて音の変化したもの) しきりによろこぶ。
伊勢物語(10C前)一四「栗原のあれはの松の人ならば都のつとにいざといはましを、といへりければ、よろこぼひて、思ひけらしとぞいひ居りける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よろこぼし【喜】
〘形シク〙 (動詞「よろこぶ(喜)」の形容詞化で「よろこばし」の古形) =よろこばしい(喜)
※続日本紀‐神護景雲三年(769)一一月二八日・宣命「伊予国より白き祥(しるし)の鹿を献奉(たてまつ)りてあれば、うれし与呂許保志止奈毛(ヨロコボシとなも)見る」
※新拾遺(1364)雑下・一八八二「人を渡さん 構へをも たくみ出でけん ひだたくみ よろこほしくは おもへども〈花山院〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

喜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.