辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

喜平【キヘイ】

デジタル大辞泉

き‐へい【喜平】
ネックレスやブレスレットに用いる鎖のつなぎ方の一種。鎖の環をつないでひねって押しつぶしたもの。つぶした面が並んで見えるようにしたチェーンの基本的なデザインカーブチェーン。「喜平ネックレス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

喜平 きへい
1828-1895 江戸後期-明治時代の陶工。
文政11年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根の人。初名は喜三郎。父喜平とともに絹屋半兵衛の窯ではたらく。天保(てんぽう)13年絹屋窯が彦根藩窯湖東(ことう)焼となってからも,その御用工をつとめ,「急須(きゅうす)づくりの喜平」とよばれた。文久2年廃止された藩窯の払い下げをうけ,弟喜之介らと民業の山口窯をはじめた。明治28年12月28日死去。68歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

きへい【喜平】
岡山の日本酒。酒名は、創業者の名・平嶋屋喜平にちなみ命名。大吟醸酒純米大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒がある。原料米は山田錦、五百万石アケボノなど。仕込み水は高梁(たかはし)川水系の伏流水。蔵元の「平喜酒造」は昭和3年(1928)創業。所在地は浅口市鴨方町鴨方。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

喜平(きへい)
岡山県、平喜(ひらき)酒造株式会社の製造する日本酒。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喜平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

喜平の関連情報

関連キーワード

佐野蓬宇歌川芳春昇斎一景菅喜田松頂関直吉藤堂高泰中村理禎広田精知牧亭駒人(2代)吉田如雲

他サービスで検索

「喜平」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.