Rakuten infoseek

辞書

喜寿【きじゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

喜寿
きじゅ
77歳のこと,またそれをう賀礼。喜の字の草書体が七十七と読めるところからいう。江戸時代の国学者,大国隆正寿の詠草に「ななそぢに七つあまれる喜びは/あらたなる御世にあへるなりけり」とある。 (→年賀 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐じゅ【喜寿】
《「喜」の字の草体」が「七十七」に見えるところから》77歳のこと。また、その祝い。喜の字の祝い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きじゅ【喜寿】
77歳,またはその祝いのこと。一定年齢者の祝いを民間では一般に〈年祝〉というが,喜寿もしくは〈喜の字の祝い〉はその一つであり,さらに61歳の還暦,70歳の古稀,88歳の米寿などと同じく,長寿を祝う算賀,賀寿,〈賀の祝い〉の一種でもある。喜とは,七十七の書体が喜のくずし字に類似していることにちなむ。この慣習は中世以降,とくに近世に広まり,祝いにさいしては祝宴や贈答が行われる。【平山 和彦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きじゅ【喜寿】
〔「喜」の字の草体「㐂」が「七十七」と分解できるところから〕
数え年の七七歳。また、その祝い。喜の祝い。喜の字の祝い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

喜寿
きじゅ
数え年77歳の年祝いをいう。喜の字の祝いともいうように、喜の字の草書体が七十七と書かれるからである。喜寿の祝いは平安時代以前にはなく室町時代の末期ごろから行われるようになった。還暦、古稀(こき)などの年祝いと同じく祝宴が催される。神奈川県秦野(はだの)地方では77歳の7月7日に火吹き竹をつくって火事厄(よ)けのまじないとする風があった。火災のときこの火吹き竹で火を吹き返すという。信州(長野県)諏訪(すわ)地方では羽織、着物、杖(つえ)などを贈って祝う。祝われる家では紅白の餅(もち)に喜の字を記して配るという。[大藤時彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐じゅ【喜寿】
〘名〙 (「喜」の字の草書体「」が七十七に見えるところから) 七七歳になった祝い。喜の字の祝い。喜賀。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「けふは南溟(なんめい)老人が㐂寿(キジュ)の莚(えん)といひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喜寿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

喜寿の関連情報

他サービスで検索

「喜寿」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.