Rakuten infoseek

辞書

善知鳥(うとう)彫ダルマ

デジタル大辞泉プラス

善知鳥(うとう)彫ダルマ
青森県で生産される工芸品。ポプラヒバを材料とする木彫りのダルマ人形。大正時代、ロダンの彫刻作品にヒントを得て、実業家画家の今克己創始。県の伝統工芸品に指定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

善知鳥彫ダルマ[人形・玩具]
うとうぼりだるま
東北地方、青森県の地域ブランド。
青森市で製作されている。1921(大正10)年頃、今克巳が青森にいたという伝説の鳥・善知鳥にちなんでつくり始めた。軽くてやわらかいポプラやヒバを材料として使用。顔つきも体型も一つとして同じものはない。青森県伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

善知鳥(うとう)彫ダルマ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

善知鳥(うとう)彫ダルマの関連情報

他サービスで検索

「善知鳥(うとう)彫ダルマ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.