Rakuten infoseek

辞書

問(い)【トイ】

デジタル大辞泉

とい〔とひ〕【問(い)】
問うこと。質問。「問いを発する」
試験などの問題。設問。「左記の問いに答えよ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もん【問】
[接尾]助数詞。質問・設問などの数を数えるのに用いる。「六のうち四正解

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もん【問】[漢字項目]
[音]モン(呉) [訓]とう とい とん
学習漢字]3年
〈モン〉
といただす。とう。とい。「問診問責問題問答学問喚問疑問詰問愚問検問顧問拷問諮問質問尋問設問難問反問不問
人をたずねる。「慰問弔問訪問
〈とん〉「問屋(とんや)
[名のり]ただ・よ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とい【問】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もん【問】
( 接尾 )
助数詞。質問・設問などの数を数えるのに用いる。 「四-中三-正解」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


とい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とい とひ【問】
〘名〙 (動詞「とう(問)」の連用形の名詞化)
① たずね、ただすこと。また、その質問。詰問。
※第三者(1903)〈国木田独歩〉一一「江間君は此種の問(トヒ)を此種の声で、今日まで幾度となく長火鉢の傍で発したのである」
② 問題。設問。
※仮名の会の問答(1883)〈大槻文彦〉「(問)は諸新聞の雑報又は投書にて(答)はすべて大槻文彦氏なり」
③ 「といまる(問丸)」のこと。
※醍醐寺文書‐嘉祿二年(1226)一〇月四日・問丸盛方送文「進上 合 榲小〈くれ〉参百寸 右進上如件。嘉祿二年十月四日 御問盛方」
④ 「といしき(問職)」のこと。
※高野山文書‐正応元年(1288)八月一七日・御台御教書「高野山の年貢運送のといの事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もん【問】
[1] 疑問などをたずねること。とうこと。また、その内容。
正法眼蔵(1231‐53)心不可得「婆子いはく、老婆に一問あり、和尚これをゆるすやいなや」
[2] 〘接尾〙 質問、設問などを数えるのに用いる。「五問中三問正答」 〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

問(い)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

問(い)の関連情報

他サービスで検索

「問(い)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.