Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

問屋【とんや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

問屋
とんや
「といや」ともいう。江戸時代の卸売業者鎌倉室町時代には問,問丸 (といまる) といわれた。江戸時代,運送や宿泊については専業者ができたので,問屋の営業内容はもっぱら商品の取扱いだけとなった。問屋の種類もいろいろあり,荷主委託を受け,一定の口銭を取って貨物仲買人に売りさばく荷受問屋,特定の商品を取扱う専業問屋などがあった。さらに仕切込問屋と称する専業問屋もあって,荷主から商品を買取り,損益は自己負担で仲買に売渡すものであった。これらは,多く株仲間を組織し,共通の利害のもとに団結した。大坂二十四組問屋,江戸の十組問屋 (とくみどんや) などが有名である。天保改革後,廃止され,のち復活したが,明治になって卸売商人一般の呼称となった。なお江戸時代に問屋場の業務を司った宿場役人も問屋 (または問屋役) と呼ばれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とい‐や〔とひ‐〕【問屋】
商法上、自己の名で他人のために物品の販売や買い入れをするのを業とする者。→とんや(問屋)
江戸時代、荷主から委託された貨物を販売したり、または、商品を仕入れて販売したりした卸売商人。中世の問丸(といまる)分化・発達したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とん‐や【問屋】
《「といや」の音変化》
生産者・輸入業者・一次卸売業者などから商品を仕入れ、主として最終消費者以外に対して販売を行う流通業者。卸売商。→といや(問屋)
あることを一手に引き受けている人。「悪事の問屋

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

といや【問屋】
自己の名をもって,委託者の計算において(委託者のために),物品の販売または買入れをなすことを業とする者(商法551条)。委託者の物品を第三者に販売し,または委託者の欲する物品を第三者から買い入れるのであるが,その際,委託者でなく受託者自身が売買契約の当事者となる。物品には有価証券を含む。他人の名をもって他人の計算で法律行為をなす代理(民法99条)に対して,自己の名をもって他人の計算で法律行為をなすことを取次ぎといい,問屋は取次ぎの引受けを業とする取次商人の一種で(商法502条11号,4条1項),その営業を問屋営業という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

とんや【問屋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

とい‐や とひ‥【問屋】
〘名〙
※高野山文書‐寛正六年(1465)一〇月五日・南部庄年貢支配日記「下用分〈略〉五百文 問屋
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)二「馬をからんといへば、宿より宿の問屋(トヒヤ)にあんなひをいふて、問屋の手形をとり」
③ 品物を買い集めて、卸(おろし)売りする商家。とんや。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)一「銭ざしをなはせて両替屋、問(トヒ)屋に売せけるに」
④ 自分の名で他人のために物品の販売または買入をすることを業とするもの。取次商の一種。とんや。
※商法(明治三二年)(1899)三一三条「問屋とは自己の名を以て他人の為めに物品の販売又は買入を為すを業とする者を謂ふ」
⑤ 江戸時代、大坂堂島の米市場での浜方の一つ。正米及び帳合米を売買するもの。帳合方や積方に対していう。
⑥ 遊里の揚屋のこと。大和国木辻遊廓(奈良市東木辻町・鳴川町)でいわれた。
※浮世草子・五箇の津余情男(1702)四「此所のあげやは、所言葉とて問屋といふ」
[語誌](1)船で商品を扱う人の宿所で、その荷の販売斡旋をしていた「問丸」が、陸上輸送の集積所をもいうようになり、「丸」が「屋」となった。
(2)遠国との取引きが多いものは松前問屋、土佐問屋のように地名を冠して呼ばれ、専業的で近国との取引きが多いものは油問屋など品名を冠して呼ばれる傾向があった。
(3)「問屋(トイヤ) 江戸でとんやといふはなまり也」〔浪花聞書〕とあり、近世期は東西で異なった言い方をしていた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とん‐や【問屋】
〘名〙
① 「といや(問屋)」の変化した語。
※随筆・皇都午睡(1850)三「江戸にて問屋(といや)を問屋(トンヤ)と云」
② ある事柄を、一手に引き受けてでもいるような人。そのことを専門としている人。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「おめへは虚誕(うそつき)の問屋(トンヤ)だから、的(あて)にならねへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

問屋
といや
江戸時代の卸売業者
「とんや」とも読む。中世の問・問丸 (といまる) から出た名称。荷主から商品を委託され口銭(手数料)をとって仲買人に売るか,または直接買い取って仲買人に売った。商品の流通機構の中心的存在で,仲間を組織して活動した。大坂の二十四組問屋,江戸の十組問屋が代表的。天保の改革の株仲間解散令で問屋の名称も禁じられたが,嘉永年間(1848〜54)に株仲間が復活した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

問屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

問屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.