Rakuten infoseek

辞書

問丸【といまる】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

問丸
といまる
鎌倉から戦国時代,港町や主要都市で,年貢運送管理や中継ぎ取引に従事した業者。平安時代末期の頃から淀,木津,坂本,敦賀など荘園領主の旅行にあたって船などを準備する丸がみられた。鎌倉時代になると荘園年貢米運送陸揚げ,管理にあたる問丸が出現し,荘園領主から得分 (問給,問田) を与えられていたが,次第に商業的機能を帯び,やがて独立の業者となった。貢納物の販売にあたって手数料として問料 (といりょう) を取り,さらに貢納物から商品の取引を専門とするようになった。戦国時代の問丸には,町の自治を指導し,外国貿易に参加する豪商が出たり,ついには運送などの機能を捨て,純粋な卸売業となり,配給機構の中核を構成するようになった。 (→問屋 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とい‐まる〔とひ‐〕【問丸】
中世、港や重要都市にあって、年貢などの物資輸送保管・中継取引、船舶の準備、宿泊の世話などを行った業者。問(とい)。問屋(といや)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

といまる【問丸】
中世に港津や都市に住んで貨物の保管,輸送,販売に携わった商人。問ともいう。〈問男〉〈問丸〉は〈馬借丸〉などと同じく貴族身分の下のものを呼ぶ使い方で,それが通称となった。すでに平安末・鎌倉期に淀津,山崎津,木津などの畿内の港津には,荘園領主である権門貴族,寺社などから〈問職(といしき)〉に任命された問丸が,年貢米の保管,売却,船舶の準備,宿所の提供などに従事していた。中には,その反対給付として給免田を与えられていたものもあり,問職は物権化して譲渡の対象となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

といまる【問丸】
中世における運送・廻漕を業とする人々の総称。都市・市場・港湾など貢納物・商品が集散する要地に居住して物資の管理・発送、取引の仲介、宿所の経営などを広く行なった。問屋といや。津屋つや

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

問丸
といまる
中世に港湾や都市に居住して、年貢物などの物資の保管、輸送や取引の仲介にあたった業者。「丸」は屋号や船号につけるのと同様の語。「問」ともよび、また15世紀ごろからは「問屋(といや)」ともよばれた。荘園(しょうえん)領主が、湊(みなと)の有力名主(みょうしゅ)などに問給(といきゅう)・問田(といでん)を与えて、問職(といしき)(問丸職ともいう)に任命し、年貢物の輸送・保管・委託販売を任せたのが問丸の始まりで、平安末期には、すでに淀(よど)、桂(かつら)、木津(きづ)に存在した。14世紀につくられた『庭訓往来(ていきんおうらい)』には「湊々の問丸」とあり、港湾には不可欠の存在となっていた。1458年(長禄2)高野山領(こうやさんりょう)備後国(びんごのくに)大田荘(おおたのしょう)の年貢物販売を委託された堺(さかい)の問丸は、年貢物を量るための「斗升(はかります)」を支給され、販売代銭551貫500文のうちから6貫文の「御問(おんといりょう)」を請求している。このころになると問丸は、複数の荘園領主と契約を結ぶようになり、兵庫、堺、敦賀(つるが)、桑名(くわな)、博多(はかた)などの重要な湊には、特定の物資を大量に扱う問丸が出現し、卸売商の機能をもつようになった。15世紀に成立した辞典である『節用集(せつようしゅう)』には「問屋 商人宿」とあり、港湾の問丸が船商人への宿所提供なども行っていたことがわかる。また問丸は、水路関(すいろせき)の機能を代行していたとも考えられている。当時の問丸の屋号には、「木屋(きや)」「薬屋(くすりや)」など取扱い商品にちなんだものや、「備中屋(びっちゅうや)」「豊後屋(ぶんごや)」など取引産地名にちなんだものがあり、卸売商としての専門化が進んでおり、これが近世の問屋へと発展した。戦国期になると、堺の問丸のなかから倉庫業を専門とする者(納屋衆(なやしゅう))が出現し、都市自治や海外貿易の担い手となり、豪商へと成長する者も現れた。[鈴木敦子]
『豊田武他編『流通史』(1969・山川出版社) ▽豊田武著『中世の商人と交通』(1983・吉川弘文館) ▽阿部猛著『中世日本荘園史の研究』(1966・新生社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とい‐まる とひ‥【問丸】
〘名〙 (「問」は当て字で、倉庫のの「てい()」の変化したものというが未詳。「丸」は商家の屋号・船名につける語)
中世、港や都市に居住して、年貢米など物資の保管、運送や配船、中継取引および船商人への宿所提供などを業とした人。また、その業務。問(とい)。問屋。津屋(つや)
※新十二月往来(1206頃か)「菖蒲艾等令献候。如問丸。定多々令進上候歟」
※俳諧・独吟一日千句(1675)第六「舩とめてをおろす須广の 其名をうるや塩の問丸」
[補注]「文明本節用集」には「問丸(トイマロ)」とある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

問丸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

問丸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.