Rakuten infoseek

辞書

商標法改正【しょうひょうほうかいせい】

知恵蔵mini

商標法改正
日本の法律である商標法を改正すること。近年では「特許法等の一部を改正する法律」の一部として、2014年4月25日に成立し15年4月1日より施行された。今回の改正では、すでに多くの国で保護対象となっている色彩・音・動き・ホログラムが新たに商標登録の対象となった。また、これまで地域団体商標(いわゆる「地域ブランド」)は事業協同組合などだけが商標登録できたが、改正により商工会議所商工会・特定非営利活動(NPO)法人も登録可能となった。施行初日だけで、胃腸薬正露丸」のラッパメロディー久光製薬が使っている効果音「ヒ・サ・ミ・ツ」、日産電気自動車リーフ」を始動した時に車内に流れるメロディーなど、170件以上が登録申請されたという。
(2015-4-06)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

商標法改正」の用語解説はコトバンクが提供しています。

商標法改正の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.