Rakuten infoseek

辞書

唾石症【ダセキショウ】

デジタル大辞泉

だせき‐しょう〔‐シヤウ〕【唾石症】
唾液腺やその導管の中に結石唾石)ができる病気。顎下腺に生じることが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館

だせきしょう【唾石症 Sialolithiasis】
[どんな病気か]
 唾液管(だえきかん)または唾液腺(だえきせん)の中に結石(けっせき)ができる病気です。通常は顎下腺(がくかせん)にみられますが、まれに耳下腺(じかせん)にもできます。
[症状]
 唾液管が結石で閉塞(へいそく)されているために、食事の際に唾液分泌(ぶんぴつ)が増すと、導管内圧が急激に増し、激しい痛みとともに顎下腺が腫(は)れます。痛みは30分から1時間で消失します。
 慢性化して唾液腺の機能がなくなり、唾液腺が萎縮(いしゅく)すると、食事による痛み、腫れはなくなります。
 細菌感染が加わると口腔底(こうくうてい)が赤く腫れ、導管開口部から排膿(はいのう)がみられ、顎下部の皮膚も赤く腫れます。
[治療]
 小さい唾石は手術をして摘出します。結石が顎下腺の中にあったり、唾液腺の機能がなくなっているときは、顎下腺ごと摘出します。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版

だせきしょう【唾石症】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

唾石症
だせきしょう
sialolithiasis
唾液腺(せん)または唾液排泄(はいせつ)導管内に唾液中の石灰分が沈殿して生じた結石を唾石とよび、唾石の存在によって生じる種々の疾患を総称して唾石症という。顎下(がくか)腺管内に生じることが多く、顎下腺体内、耳下(じか)腺体内、耳下腺管内、舌下(ぜっか)腺管内の順に少なくなる。一般に耳下腺、舌下腺には少ない。唾石があってもまったく無症状のこともあるが、唾液の流出が妨げられると、食物摂取時に唾液腺が腫脹(しゅちょう)し、痛みをおこす(唾液仙痛(せんつう))。長期にわたる唾石の存在、とくに導管内の存在によって感染を生じると、排泄導管口付近が発赤、腫脹し、排膿(はいのう)がみられる。炎症が合併すると診断が困難なこともあるが、X線写真、とくに唾液腺造影像では確実に診断される。処置は、唾石が導管内に存在する場合には口腔(こうくう)内より摘出するが、腺体内にある場合には腺全体の摘出を行う。[矢正之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六訂版 家庭医学大全科

唾石症
だせきしょう
Sialolithiasis
(口・あごの病気)

どんな病気か

 唾液腺(だえきせん)、とくに顎下部(がくかぶ)にある大唾液腺である顎下腺の腺自体、または腺から口腔の唾液排出口までの導管中に結石が生じることが多く、顎下腺唾石症と呼びます。同様の病状は耳下腺でも起こりますが、発現頻度は高くありません。

原因は何か

 唾液腺または導管中に種々の詰まりが存在することで、唾液の流出が停滞し、カルシウム沈着が生じて結石が成長します。

症状の現れ方

 食事時に顎下部の急激なはれ、または強い痛みなどが現れます。

検査と診断

 X線検査、CT検査などの画像検査で容易に診断されます。

治療の方法

 唾石の位置を画像検査し、唾石の摘出を行います。

 唾石の摘出には、口のなかから石のみを摘出する場合と、顎下部を皮膚切開して唾液腺とともに摘出する場合の二通りがあります。

病気に気づいたらどうする

 前記の症状がある時は、口腔外科専門医に相談してください。

近藤 壽郎

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唾石症
だせきしょう
Sialolithiasis
(のどの病気)

どんな病気か

 尿路結石(にょうろけっせき)胆石(たんせき)と同様、唾液腺(だえきせん)にも結石が生じます。ほとんどの例は、顎下腺(がっかせん)に起こりますが、少数例は、耳下腺(じかせん)にも生じます。舌下腺(ぜっかせん)に生じることはまれで、小唾液腺に発生することはほとんどありません。

原因は何か

 原因は不明ですが、唾液の排出管に入り込んだ異物や細菌などを核として、そのまわりに唾液に含まれるカルシウムが沈着してできると考えられます。治療のため摘出した結石を割ってみると、沈着したカルシウムが年輪のようにみえます。結石のできはじめは当然小さいのですが、自然に排出されないと次第に大きくなっていきます。

症状の現れ方

 唾液は唾液腺を構成する無数の腺房(せんぼう)というところで作られます。腺房で作られた唾液は管を通じて集まり、最終的には1本の管(排出管)に集まり、口のなかに出てきます。多くの場合、結石はこの排出管のなかにできます。

 1本しかない排出管に結石があると、唾液の通過障害が起こります。食事をすると、唾液腺は唾液を作って口のなかに出そうとしますが、途中の結石のために唾液が口のなかに出ることができず、唾液腺内にたまり、腺そのものが痛みを伴ってはれてきます。酸味の強いものを食べた時などはとくに症状が強く出ます。

 ほとんどの唾石は顎下腺に生じますが、顎下腺の唾石では左右どちらかの(一度に両側にできることはほとんどない)あごの下がはれます。耳下腺では耳の前から下のほうが痛みを伴ってはれます。はれは、食事後しばらくするとだんだん取れてきますが、次の食事をするとまたはれるということを繰り返します。

 この症状は結石の大きさに比例しないことが多く、ごく小さなものでも管の出口をふさぐと強い症状が出ます。また食事ごとの症状はある時期にひどく出ても、一時的に出なくなることもあります。

 結石が次第に大きくなると、腺そのものの機能が低下し、唾液の分泌が少なくなってしまいます。このようになると、口のなかから細菌が管を通じて入っていき、急性の唾液腺炎を生じることがあります。唾液腺が痛みを伴ってはれ、排出管の存在部位の粘膜が赤くはれて、開口部からはうみが出ます。

検査と診断

 典型的な症状があれば、口のなかの視診や触診により診断が可能です。通常結石は1個ですが、時には多発していることもあります。X線による検査、とくにCTが診断・治療に有用です。

治療の方法

 結石は自然に排出されることもありますが、多くの場合は手術が必要です。排出管でも出口に近い部位にできたものでは、口のなかで排出管を切り開いて石だけを摘出することにより容易に治療できます。この手術では、まれに摘出部に粘液嚢胞(ねんえきのうほう)ができたり、結石が再発したりすることがあります。腺に近い部位や腺内にできたものでは、腺ごと石を摘出する必要のある場合がありますが、これを行えば再発することはありません。

病気に気づいたらどうする

 前述のような症状がある場合は、耳鼻咽喉科を受診するようにしてください。

谷垣内 由之

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唾石症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唾石症の関連情報

他サービスで検索

「唾石症」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.