Rakuten infoseek

辞書

唐音【とうおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

唐音
とうおん
「とういん」ともいう。日本の漢字音の一種。呉音漢音に続いて,唐末ないし宋代以降に日本にもたらされたもので,「行」をアン (行脚行火) ,「子」をス (椅子) と読むのがその例。鎌倉時代禅僧が伝えた宋・元の中国音,江戸時代初期に黄檗 (おうばく) 宗の僧侶が伝えた明末の中国音,さらに長崎を通って入った清朝のものまでも含む広い概念である。いずれも中国の南方音から入ったものであるが,必ずしも同一方言からとはいえないため,複雑なものになっている。宋音ともいわれ,両者は古くから同義に用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐いん〔タウ‐〕【唐音】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐おん〔タウ‐〕【唐音】
日本における漢字音の一。狭義には、江戸時代に、長崎を通じて伝えられた、中国、からの初期の中国語の発音によるもの。禅僧・長崎通事貿易商などによって伝えられた。広義には、江戸時代以前から広まった宋音をも含めた「唐宋音」をいう。とういん。→漢音呉音
一般に、中国語または中国語音のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうおん【唐音】
日本漢字音の一種。宋音ともいう。呉音漢音が日本での漢字音として定着したあと,あらたに中国より伝わった漢字音で,古くは平安中期(北宋の時代)に商人によって伝えられた漢字音,鎌倉時代(南宋~元初)臨済・曹洞系の禅僧によって伝えられた主として江南浙江地方の漢字音,江戸時代初期(明末)黄檗宗の祖隠元などによって伝えられた南京官話系の漢字音,同じく江戸時代(清)長崎通事によって伝えられた杭州語と南京官話系その他の漢字音など,その背景はきわめて複雑であり,一概に論じることはできないが,おおまかな特徴は次のとおりである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

とういん【唐音】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とういん【唐音】
とうおん(唐音)」に同じ。
中国語のこと。 「和藤内はつねづね父が詞の-覚え/浄瑠璃・国性爺合戦」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とうおん【唐音】
日本漢字音の一。平安中期から江戸時代までに日本に伝来した音の総称。平安中期の中国商人や鎌倉時代の禅僧の伝えた、唐末より宋・元初頃までの音、江戸初期の僧隠元の伝えた明末の音、長崎の通訳の伝えた清代の音などが含まれる。「行灯」を「アンドン」、「普請」を「フシン」と読む類。とういん。唐宋音。 → 漢音呉音宋音
とういん(唐音)」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

唐音
とうおん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐いん タウ‥【唐音・唐韻ヰン
〘名〙
① =とうおん(唐音)③〔運歩色葉(1548)〕
※随筆・多波礼草(1789)三「今人のならひおぼえたる唐音(タウイン)もとし久しくなりなば〈略〉漢音呉音にも違ひ、もろこしごゑにもあらぬ、また一様の字音となり」
※咄本・私可多咄(1671)三「此かねのめいは、唐音(タウヰン)にかいた所てよめぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐おん タウ‥【唐音】
〘名〙
① 中国語音のことを一般にいう。
※悉曇要訣(1101頃)三「伝法大師以唐音和国時、雖和音亦有唐音
※名語記(1275)四「れいは鈴也。〈略〉音にはりゃうといひ、唐音にはれいといへる也」
③ 日本の漢字音の一種。狭義には、江戸時代、禅僧、貿易商人、長崎通事などによって伝えられた明から清初にかけての中国の南方系の字音によるもの。広義には「唐宋音」に同じ。漢音・呉音などに対していう。〔名語記(1275)〕
※史記抄(1477)一〇「家(け)は呉音なり。漢音は家(か)と読むそ。唐音には家(きゃ)と呼そ」
④ 中国語を一般にいう。
※雑俳・松の雨(1750か)「いやらしいとは唐音でどふ云ふへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐音の関連情報

他サービスで検索

「唐音」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.