Rakuten infoseek

辞書

唐錦【カラニシキ】

デジタル大辞泉

から‐にしき【唐錦】
[名]唐織りの錦。
[枕]布に関する意から、「た(裁)つ」「お(織)る」などにかかる。
「―たたまく惜しきものにぞありける」〈古今・雑上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

からにしき【唐錦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

からにしき【唐錦】
唐織りの錦。中国産の錦。
枕詞
「裁つ」「織る」「縫ふ」などの語やそれと同音の語にかかる。 -たたまく惜しき物にぞありける/古今 雑上

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

から‐にしき【唐錦】
[1] 〘名〙 唐織りの錦。舶来の錦。紅色のまじった美しい模様をしているので、紅葉などにたとえて用いられることが多い。⇔大和錦(やまとにしき)
※是貞親王歌合(893)「音羽山秋としなればからにしきかけたることも見ゆる紅葉か」
※枕(10C終)八八「めでたきもの からにしき。飾り太刀」
[2] 「裁(た)つ」「織(お)る」「縫(ぬ)う」など、布に縁のある語や、それらと同音の語にかかる。
※古今(905‐914)雑上・八六四「おもふどちまとゐせるよは唐錦たたまくをしき物にぞありける〈よみ人しらず〉」
[3] 江戸後期の読本。四巻四冊。伊丹椿園作・画。別題「今古小説唐錦」。安永九年(一七八〇)刊。九話の短編から成る奇談集。中国の「水滸伝」「警世通言」などを原話とし、時代を足利時代に移して翻案。椿園(一七五一頃‐八一)は、伊丹の人。通称津国屋善五郎(津国屋は銘酒剣菱醸造元)。別号歓笑処士。別著に「深山草」「両剣奇遇」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐錦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐錦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.