Rakuten infoseek

辞書

唐衣【カラギヌ】

デジタル大辞泉

から‐ぎぬ【唐衣】
平安時代、十二単(じゅうにひとえ)のいちばん上に着る丈の短い。前は袖丈の長さで後ろはそれよりも短く、袖幅は狭く、綾・錦(にしき)・二重織物で仕立て、裳(も)とともにつけて一具とする。唐の御衣(おんぞ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

から‐ころも【唐衣/韓衣】
[名]唐風の衣服。袖が大きく、丈が長くて、上前・下前を深く合わせて着るもの。
「―君にうち着せ見まくほり」〈・二六八二〉
[枕]衣服に関する意から、「たつ」「きる」「なれ」「かけ」「かへす」「はる」「あふ」「ひも」「すそ」「つま」「そで」などにかかる。
「―竜田(たつた)の山は」〈・二一九四〉
「―日も夕暮になるときは」〈古今・恋一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

からぎぬ【唐衣】
平安時代以来,公家の女子の正装であった晴装束。いわゆる十二単(じゆうにひとえ)の最上層に(も)とともに用いられた短衣で,袖幅も短くできている。これを〈からぎぬ〉と称するのは,奈良時代に行われた唐式の服装における背子(はいし)の意味であるとし,また胴(から)衣の意であるともいわれる。しかし平安時代の女房装束が,おおよそ奈良朝の唐式服装の変化したものである以上,これには用いられた背子がその根源をなすと考えるのが至当であろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

からぎぬ【唐衣】
唐風の衣の意
女官が正装するとき着用した短い上衣。奈良時代の背子はいしの変化したもので、幅の狭い広袖があり、襟を羽織のように折り返して上衣の上に着る。唐の御衣おんぞ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

唐衣
からぎぬ
公家(くげ)女性の衣服の一種。俗に十二単(じゅうにひとえ)といわれる女房装束(にょうぼうしょうぞく)の最上層に重ねるもの。奈良時代の女子朝服の衣の上に春・冬に着用した背子(はいし)は、袖(そで)のない、身丈の短いものであったが、平安時代中期以降、服装の長大化に伴って、袖幅の狭い袖をつけ、襟を外側へ折り返して裏側をみせる「返し襟」形式となった。さらに衣が大きく、身丈も裾(すそ)を引く長さとなって、夜着の袿衣(けいい)と形が同様となり、衣(きぬ)とも袿(うちき)ともよばれるようになると、その上に重ねて着る背子も、それにしたがって大きくなり、身丈がやや長く、身幅が二幅(ふたの)、袖幅は狭いが袖丈が長く、広袖形式で、唐衣と称されて、四季を通じて用いられた。これは腰に着装する裳(も)とともに正装の象徴のように考えられた。平安時代末期から鎌倉時代にかけての唐衣の遺品は伝わらないが、当時の絵巻物などによってそのあらましを知ることができる。室町時代の遺品として、和歌山県・熊野速玉(はやたま)大社御神宝装束(国宝)のなかに唐衣があり、それらは襟の後部を円弧形にしたものと、角形につくったものと2種ある。その仕立て方のほか、織物、色目などの点についても、中世の唐衣の実体を知ることができて貴重である。なお、後ろ襟の角形の部分を近世では髪置(かみおき)とよんでいる。中世から現代に至るまで、唐衣は表地と裏地が毛抜き合わせに縫ってあり、近世以降の袿では襟、袖、裾などの縁のところで、表地が裏地より1センチメートルほど控えられて、いわゆる「おめり」となっているのに対して、古様を伝えている。
 材質は、表地に錦(にしき)、二重(ふたえ)織物、浮(うき)織物、固(かた)織物、綾(あや)、平絹(ひらぎぬ)などのほか刺しゅうを施したものも用い、裏地に菱文(ひしもん)の綾、平絹が使われた。表地の地文には、正装の最上層のものとして、品格高く、端正な印象を与えるもの、たとえば亀甲(きっこう)、三重襷(みえだすき)、花菱(はなびし)、小葵(こあおい)などを用いた。また、禁色の赤色、青色、錦や二重織物などの唐衣は、勅許を得た上(じょうろう)(高位)の女房でなければ用いられなかった。『枕草子(まくらのそうし)』に「からぎぬは短き衣とこそいはめ、されどそれは、もろこしの人のきるものなれば」とあり、『紫式部日記』に「色ゆるされたる人々は、例の青色、赤色の唐衣に、地摺(ぢずり)の裳、上着はおしわたして蘇芳(すおう)の織物なり」とある。[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

から‐ぎぬ【唐衣】
〘名〙 (古くは「からきぬ」) 中古、女子の朝服で上半身につける表衣(うわぎ)。唐様(からよう)の丈(たけ)の短い胴着とするが、平安以来、闕腋(わきあけ)で狭い袖をつけ、襟を外に折り返して着るのを特色とする。唐の御衣(おんぞ)。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※大鏡(12C前)五「萩のおり物のみへがさねの御唐衣に、あきののをぬひものにし、ゑにもかかれたるにやとぞ、めもとどろきてみたまへし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

から‐ころむ【唐衣】
〘名〙 「からころも(唐衣)」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四四〇一「可良己呂武(カラコロム)(すそ)に取り付き泣く子らを置きてそ来ぬや母(おも)なしにして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

から‐ころも【唐衣】
(「からごろも」とも)
[1] 〘名〙 中国風の衣服。袖が大きく、裾はくるぶしまでとどき、日本の衣服のように褄前を重ねないで、上前、下前を深く合わせて着る。転じて、めずらしく美しい衣服をいうこともある。
※万葉(8C後)一四・三四八二「可良許呂毛(カラコロモ)(すそ)の打ちかへ会はねども異(け)しき心を吾(あ)が思(も)はなくに」
※拾遺(1005‐07頃か)秋・一四九「たなはたにぬぎてかしつる唐衣いとど涙に袖やぬるらん〈紀貫之〉」
[2] (き)る、裁(た)つ、袖(そで)、裾(すそ)、紐(ひも)など、すべて衣服に関する語や、それらと同音または同音をもつ語にかかる。
※万葉(8C後)一〇・二一九四「雁が音の来鳴きしなへに韓衣(からころも)立田の山は黄葉(もみ)ち初めたり」
※源氏(1001‐14頃)末摘花「からころも君が心のつらければ袂はかくぞそぼちつつのみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐衣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐衣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.