Rakuten infoseek

辞書

唐楽【とうがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

唐楽
とうがく
日本の雅楽の中心となる一部門。奈良時代から平安時代初期にかけて,唐代の中国から伝来した合奏音楽で,唐朝の宮廷の娯楽音楽を中心とするが,このほか,中国を経て伝来したインドやベトナムの音楽,それらをまねて日本人が作曲した音楽が含まれる。伝来当初から寺院の供養音楽として,あるいは宮廷の儀式音楽として演奏され,さらに平安時代中期 (仁明天皇の頃) には,いわゆる平安朝の楽制改革によって,楽器編成や音楽理論,演奏様式などの統一がはかられ,朝鮮系の高麗 (こま) 楽に対する唐楽として形が整えられ,今日にいたっている。現行の唐楽は七十数曲を数えるが,演奏様式からは (1) 管弦専用の曲 (楽器だけによる演奏) 。 (2) 舞楽専用の曲 (舞と楽器による演奏) 。 (3) 管弦,舞楽両用の曲の3種に分類できる。楽器は,管弦には,管楽器の篳篥 (ひちりき) ,竜笛 (りゅうてき) ,笙,弦楽器の箏,琵琶,打楽器の太鼓,鉦鼓,羯鼓 (かっこ) を用い,個々の楽器の特徴を生かして,ゆるやかなテンポで優美に演奏される。また舞楽では弦楽器を用いず,管,打楽器によって,拍節を明確に,テンポも比較的早く演奏される。唐楽曲は壱越 (いちこつ) 調,平調 (ひょうぢょう) ,双調 (そうぢょう) ,黄鐘 (おうしき) 調,盤渉 (ばんしき) 調,太食 (たいしき) 調という6種の音階 (六調子) のいずれかによって成り立っており,またリズムに関しては序拍子,早四拍子,早八拍子,延四拍子,延八拍子,早只四拍子,夜多羅八拍子などのいずれかによって構成される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐がく〔タウ‐〕【唐楽】
中国代の音楽、およびその朝鮮半島・日本に伝来したもの。
雅楽の分類の一。平安初期の楽制改革で、日本に伝来した1林邑楽(りんゆうがく)とを合わせて成立。器楽合奏のみの管絃と舞を伴う舞楽とがある。左楽(さがく)。→高麗楽(こまがく)
歌舞伎下座音楽の一。中国を舞台にした場面や神仏の出現などに演奏される囃子(はやし)能管・大小鼓・太鼓などを用い、異国情緒や荘重な感じを出す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうがく【唐楽】
雅楽の主要種目名。奈良時代に日本に伝来した中国系統の楽舞高麗楽(こまがく)に対する。伝来当初は唐朝の芸術音楽を指したが,平安中期ころに日本の宮廷文化としての変容をとげ,原義を拡大解釈した種目名として定着した。5世紀から9世紀ころにかけて日本に相次いで伝来した東アジア諸国の楽舞は,新羅楽,百済楽,高句麗楽,唐楽,林邑楽(りんゆうがく),度羅楽(とらがく),渤海楽(ぼつかいがく)(以上伝来順)などで,並列的に受容されていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうがく【唐楽】
左方さほう唐楽」に同じ。
歌舞伎で、神仏の出現や中国風の異国情緒を表す時に用いられる囃子。
古代日本に唐から伝来した楽舞。九世紀以後は林邑りんゆう楽をも合わせて左方さほう唐楽と総称された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

唐楽
とうがく
雅楽の主要種目名。元来は中国唐代の音楽をさしたが、平安時代の楽制改革(9世紀中ごろ)によってベトナムの林邑楽(りんゆうがく)や日本人の新作なども含めて中国系の雅楽を唐楽とした。これに対し、朝鮮系の雅楽を高麗楽(こまがく)と称する。唐楽は左方(さほう)の楽、高麗楽は右方(うほう)の楽ともよばれ、両者は楽器編成、舞作法、音楽理論、装束などすべてにわたって好対照をなしている。
 唐楽には、舞と楽器合奏による「舞楽」と、楽器合奏のみの「管絃(かんげん)」の二形態あり、舞楽では篳篥(ひちりき)・竜笛(りゅうてき)・笙(しょう)・鞨鼓(かっこ)・鉦鼓(しょうこ)・太鼓が用いられ、管絃ではこのほか楽箏(がくそう)・楽琵琶(がくびわ)が加えられる。合奏の主導には鞨鼓があたり、篳篥と竜笛が主旋律を受け持つ。現行曲は八十数曲で、曲によって舞楽・管絃両用のもの、どちらか専用のものがある。
 なお、歌舞伎囃子(かぶきばやし)にも唐楽という楽曲があるが、これは神仏の出現や中国風の異国情緒を表すのに用いられるもので、雅楽の唐楽を模したものではない。また、朝鮮の音楽で中国起源の音楽を唐楽と称することもある。[柴田典子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐がく タウ‥【唐楽】
〘名〙
① 唐代の中国音楽。
② 日本の雅楽の一種。奈良時代から平安初期にかけて中国から輸入した音楽で、朝鮮渤海方面から渡来した高麗楽(右楽)に対していう。隋・唐の音楽のほか、今のベトナム地方の古代国家林邑の音楽なども含まれる。また、それらの様式に従って日本で作られた曲舞を伴う曲。左楽。
※延喜式(927)二一「凡七月上旬差官人并雑楽人等。分配左右相撲司。〈左唐楽。右高麗楽〉」
③ 歌舞伎の下座音楽の一つ。雅楽の唐楽とは関係なく、唐風、異国風の気分を出すための音楽。明るく賑やかな合奏であるが、使用する楽器や旋律は一定しない。
※歌舞伎・日月星昼夜織分(1859)「風の音、唐楽にて幕明く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐楽の関連情報

他サービスで検索

「唐楽」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.