Rakuten infoseek

辞書

唐人屋敷【とうじんやしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

唐人屋敷
とうじんやしき
江戸時代,長崎の中国人 (唐人) の居留地。唐館ともいう。鎖国後も中国人の市内雑居は認められていたが,元禄1 (1688) 年幕府の密貿易の防止との値組の監視,指導とキリスト教の取締りのため,長崎郊外の十善寺薬園跡に屋敷を設け翌年ここに 4888人を収容した。面積は 9373坪 (約3万 930m2,長崎出島の 2.4倍) ,屋敷 20棟,市店 107のほか,乙名 (おとな) 部屋,表総長屋,番所,牢屋などがあり,周囲は2重のと堀に囲まれ,出入りの2門は監視つきであった。輸出入品の取引は館内の札場で行われ,役所への出頭,寺院参詣などのほかは外出が禁じられた。日本人でも奉行所役人,通詞商人などのほかは遊女だけが出入りを許された。なお同 11年,湾内を埋立てて新地荷物蔵ができた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とうじん‐やしき〔タウジン‐〕【唐人屋敷】
江戸時代、長崎に設けられた来航中国人の居住施設。元禄2年(1689)に開設

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

唐人屋敷
波津彬子による漫画作品。東洋系憑き物専門のお祓い師の活躍を描くファンタジー・コメディ。『眠れぬ夜の奇妙な話』1992年初春の~1994年第20巻、『ハロウィンX』第2号に連載朝日新聞社眠れぬ夜の奇妙な話コミックス全1巻。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうじんやしき【唐人屋敷】
江戸幕府が密貿易やキリスト教の伝播防止の目的で,長崎に来航する中国人を収容した施設。長崎町年寄に命じて,1689年(元禄2)長崎郊外の官有地十善寺村に竣工工費は銀634貫余。竣工当時の敷地面積8015坪余(2万6449m2ほど),居住の建物は2階造りの19棟,部屋数50。各棟を来航船の出航地別に区分して入居させ,階上は商人用,階下は船員用とした。家賃は年額銀160貫,借地料3貫970匁余で,ともに唐人側の負担。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうじんやしき【唐人屋敷】
江戸時代、長崎にあった中国人の居留地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

唐人屋敷
とうじんやしき
江戸幕府が密貿易の防止、キリスト教の伝播(でんぱ)抑圧の目的で、来航唐人(中国人)を収容した施設。唐館ともいう。長崎郊外の官有地、十善寺村御薬園(長崎市館内(かんない)町)に1689年(元禄2)公費で開設した。同年の収容者数、4888名。1694年ごろの敷地面積8015坪余(約2万6450平方メートル)。家賃(初め年額、銀160貫、のち商売銀高100貫につき2貫119匆)、借地料(年額、銀3貫余)は唐人側の負担。竣工(しゅんこう)当時、唐人居住の建物は二階造りの長屋19棟。階上階下を50の部屋に割り、階上の20部屋を船頭(来航商人の代表者)、客商らの部屋、階下を乗組員の部屋とした。ただし各部屋は起帆地別の使用とし、起帆地を異にする者たちがこみで泊まることはなかった。食事は自分賄いで、起帆地別にそれぞれの飯団(はんだん)をつくった。唐人屋敷乙名(おとな)(3名)が館内取締りの責任者。ほかに組頭、唐人番、探番(さぐりばん)、辻番(つじばん)、杖突(つえつき)らの役人が置かれた。その数は時代により差があるが、100名内外。1701年(元禄14)の記録によれば、医師15名(内科10、外科3、眼科2)、牢屋(ろうや)医師8名も置かれている。一般日本人で出入りできた者は、指定商人のほかは遊女、禿(かむろ)のみ。1738年(元文3)の呼入れ遊女数は延べ1万6913名。[山脇悌二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうじん‐やしき タウジン‥【唐人屋敷】
〘名〙 江戸時代、長崎郊外にあった中国人の居留地。また、一般に外国人のやしき。
※咄本・鹿の子餠(1772)唐相撲「長崎の唐人(トウジン)やしきにあそびに行た時」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

唐人屋敷
とうじんやしき
江戸時代,長崎に設けられた中国人居留地
唐館ともいう。1689年密貿易・風紀取締りを理由に設置,来航の中国人を住まわせた。面積9373坪,内部に2階造の唐人部屋20,市店107などがあり,周囲は塹壕 (ざんごう) と竹柵をめぐらし出入りを監視した。中国文化の窓口となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐人屋敷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐人屋敷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.