Rakuten infoseek

辞書

唐丸籠【トウマルカゴ】

デジタル大辞泉

とうまる‐かご〔タウまる‐〕【唐丸籠】
唐丸1を入れて飼う、円筒形の竹籠。
《形が1に似るところから》江戸時代罪人を護送するのに用いる、上をでおおった竹駕籠(かご)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうまるかご【唐丸籠】
江戸時代,百姓町人の重罪囚を護送するのに用いた駕軍鶏(しやも)(唐丸)の籠と形状が似ているところからこの名で呼ばれたが,正式には目籠(めかご)という。竹で丸く編んだ高さ3尺(約90cm)の籠を台板にかぶせ,琉球むしろで包み,棒を通し2人でかつぐもので,食器を入れる大きさの窓(御器穴(ごきあな))と,台板に大小便の落し穴があけてある。囚人は内部に立てたに縛り,手鎖(てじよう),足枷(あしかせ)を施し,をかまぬよう竹管をくわえさせた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

唐丸籠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

唐丸籠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.