Rakuten infoseek

辞書

品部【シナベ】

デジタル大辞泉

しな‐べ【品部】
大化の改新前、特定職能をもって朝廷に仕えた人々の集団。伴造(とものみやつこ)に率いられて一定期間朝廷に参勤して労務に従い、産物を献上した。大化の改新大部分公民となった。忌部(いんべ)山部鍛冶部(かじべ)など。ともべ。
律令制で、諸官司に配属された特殊技術者の集団。ともべ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とも‐べ【部】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しなべ【品部】
大化前代の品部は古訓に〈しなしなのとものを〉とあることから〈しなべ〉を学術用語として採用。また〈とものみやつこ〉という古訓もあることから〈ともべ〉ともいう。この品部については次の二つの考え方がある。(1)部の総称。複数の部に対する呼称。(2)大和朝廷に仕える伴造(とものみやつこ)の管理下におかれた職業部(馬飼部,鍛冶部(かぬちべ)など)と名代(なしろ)を合わせたもの。物資を納したり,朝廷に上番して労役に従事した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ともべ【品部】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しなべ【品部】
大化の改新以前、大和朝廷に直属した技術者集団。朝廷に勤めて労役に従事する者と、特定の産物を貢納する者とがあった。ともべ。
律令制下、諸官司に属した技術者集団。大化の改新以後、は廃止されたが一部分は残され、官司に配属された。図書寮の紙戸、雅楽寮の楽戸など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ともべ【品部】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

品部
ともべ
令制の雑色人。「しなべ」とも読む。大化前代の職業部は,改新後解放されて公民となったが,その一部は令制下において,品部として官庁に所属した。身分は公民であるが,良賤中間に位置した。雅楽寮の楽戸,造兵司の楯縫戸,鼓吹司鼓吹戸,主船司の船戸,主鷹司の鷹戸,大蔵省狛戸・衣染戸・沓縫戸,漆部司漆部戸,織部司の錦綾織戸,大膳職の雑供戸大炊寮大炊戸,典薬寮の薬戸,造酒司の酒戸,園池司の園戸などがあり,調雑徭または雑徭のみを免除された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

品部
しなべ
品部」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しな‐べ【品部】
〘名〙
① 大化前代、大和政権に貢納・奉仕した部集団の総称。特定の職能をもって宮に奉仕する人民の集団。それぞれ伴造(とものみやつこ)に率いられ、物資を貢献したり、一定期間朝廷に出勤して労力を提供したりする。忌部(いんべ)・山部・馬養部(うまかいべ)・鍛冶部(かぬちべ)など、多くの部がある。ともべ。→部(べ)
② 令制下では、大化前代の品部の多くは解放されたが、解放されず令制諸官司に隷属した技術者集団。身分的には公民の下に位置し、雑戸(ざっこ・ぞうこ)と共に良賤の中間とされた。ともべ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とも‐べ【品部】
〘名〙
① 令制前に、伴造(とものみやつこ)に管掌されて、種々の職能をもって大王に奉仕する人々の集団。各地に居住して農民と生活し一定の物品を貢納するものや、定期的に官に出仕して労役に服するものなどがある。貢納物や職能の名を冠して呼ばれ、また、管掌する伴造の名を冠して呼ばれることもある。伴造の勢力の強い時にはその私有民の様相を呈していた。令制下では解放されて大部分は公民となった。しなべ。
② 令制前の遺制が令制に組込まれて存置された技術者の集団。また、特別の職務に従事する者の集団。官司の中に伴部(とものみやつこ)と総称される専従者が置かれ、これに指揮されて生産・労役に従事する。品部は身分的に公民よりも下で良民と賤民の中間。たとえば、大蔵省に百済手部一〇人・狛部六人があって、それぞれに百済戸・狛戸が属し、典鋳司には一〇人の雑工部と称する伴部を置き、これに雑工戸が属していた。しなべ。
※令集解(701)職員「古記及釈云。別記云。〈略〉村々狛人三十戸。宮郡狛人十四戸。大狛染六戸。右五色人等為品部

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

品部
しなべ
律令制下の最下層の公民
氏姓社会の品部 (ともべ) の系譜をひき,大化の改新(645)後,良民とされた特殊技術者。漆部司の漆部,図書寮 (ずしよりよう) の紙戸などのように朝廷の諸官司に属し物品を生産した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

品部
ともべ
大化前代、大和政権や大王家が所有した部
伴造 (とものみやつこ) の統率下のもとに,特定の職業・技術をもって貢納し,また賦役を負担した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

品部
ともべ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

品部」の用語解説はコトバンクが提供しています。

品部の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.