Rakuten infoseek

辞書

【アイ】

デジタル大辞泉

あい【哀】[漢字項目]
常用漢字] [音]アイ(呉)(漢) [訓]あわれ あわれむ かなしい
せつなくて胸がつまる。「哀歓哀愁哀悼悲哀
かわいそうに思う。「哀憐(あいれん)
あわれっぽくする。泣きつく。「哀願哀訴
[難読]可哀相(かわいそう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい【哀】
〘名〙
① 悲しむこと。嘆くこと。いたましいこと。
※天草版金句集(1593)「ココロニ aiuo(アイヲ) ヲモエバ ナンダ サウガンニ ウカブ」
② 哀れむこと。
※俳諧・俳諧次韻(1681)「哀余る捨子ひろひに遣(つかは)して〈芭蕉〉 外里(とさと)に鹿の裾引て入(いる)〈其角〉」
③ 喪。喪中。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あわれ あはれ【哀】
[1] 〘感動〙
① うれしいにつけ、楽しいにつけ、悲しいにつけて、心の底から自然に出てくる感動のことば。ああ。あら。やれやれ。
※古事記(712)中・歌謡「やつめさす 出雲建が 佩ける太刀 黒葛(つづら)さは巻き さ身無しに阿波礼(アハレ)
※万葉(8C後)三・四一五「家ならば妹が手まかむ草枕旅にこやせるこの旅人(あはれ)
※源氏(1001‐14頃)帚木「人知れぬ思ひ出で笑ひもせられ、あはれとも、うちひとりごたるるに」
② 下に願望、命令などの表現を伴って、願望の気持を表わす。ああなんとかして。ぜひとも。
※大観本謡曲・三井寺(1464頃)「わらはをいつも訪ひ慰むる人の候。あはれ来れ候へかし語らばやと思ひ候」
※仮名草子・都風俗鑑(1681)三「あの理発にては、あはれ至善格物の道理をしらせたや」
※読本・雨月物語(1776)吉備津の釜「あはれ良(よき)人の女子(むすめ)の㒵(かほ)よきを娶りてあはせなば、渠(かれ)が身もおのづから脩まりなんとて」
③ はやし詞として用いる。
※催馬楽(7C後‐8C)我が駒「いで我が駒 早く行きこせ 待乳山 安波礼(アハレ) 待乳山 はれ」
[2] 〘名〙 (形動) ((一)の感動詞から転じたもの) 心の底からのしみじみとした感動や感情、また、そういう感情を起こさせる状況をいう。親愛、情趣、感激、哀憐、悲哀などの詠嘆的感情を広く表わすが、近世以降は主として哀憐、悲哀の意に用いられる。
① 心に愛着を感じるさま。いとしく思うさま。また、親愛の気持。
※万葉(8C後)一八・四〇八九「めづらしく 鳴くほととぎす〈略〉聞くごとに 心つごきて うち嘆き 安波礼(アハレ)の鳥と 云はぬ時なし」
※源氏(1001‐14頃)真木柱「うちながめて、いと心細げに見送りたるさまども、いとあはれなるに、もの思ひ加はりぬる心地すれど」
② しみじみとした風情のあるさま。情趣の深いさま。嘆賞すべきさま。→もの(物)の哀(あわ)れ
※土左(935頃)承平四年一二月二七日「かぢとりもののあはれも知らで、おのれし酒をくらひつれば」
※枕(10C終)一「からすの寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり」
③ しみじみと感慨深いさま。感無量のさま。
※源氏(1001‐14頃)須磨「折からの御文、いとあはれなれば、御使さへむつまじうて、二三日すゑさせ給ひて」
※徒然草(1331頃)一二五「あはれも醒めてをかしかりけり」
④ 気の毒なさま。同情すべきさま。哀憐。また、思いやりのあるさま。思いやりの心。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「命婦は、まだ大殿籠らせ給はざりけると、あはれに見たてまつる」
※今昔(1120頃か)二「王宮を追出し事を哀れに思ひ出して」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「憐れな声が糸の様に浮いて来る」
⑤ もの悲しいさま。さびしいさま。また、悲しい気持。悲哀。
※竹取(9C末‐10C初)「見れば、世間心細く、哀に侍る」
※新古今(1205)冬・七〇五「老いの波こえける身こそあはれなれ今年もいまは末の松山〈寂蓮〉」
⑥ はかなく無常なさま。無常のことわり。
※栄花(1028‐92頃)鳥辺野「よろづにあはれなるたびの御祈をせさせ給へば」
※謡曲・江口(1384頃)「およそ心なき草木、情ある人倫、いづれあはれを逃がるべき」
⑦ (神仏などの)貴いさま。ありがたいさま。
※枕(10C終)二〇八「霊山は釈迦仏の御住家(すみか)なるがあはれなるなり」
⑧ 殊勝なさま。感心なさま。→あっぱれ
※源氏(1001‐14頃)橋姫「俗聖とか、この若き人々のつけたなる。あはれなることなり」
※曾我物語(南北朝頃)三「つひに敵を思ふままにうち〈略〉あはれにも、いみじきにも、申つたへたるは、此人々の事なり」
[補注]語源を「あ」と「はれ」との結合と説くものが多いが、二つの感動詞に分解しうるかどうか疑わしい。なお、「あっぱれ」は、「あはれ」が促音化して生まれた語形である。
あわれ‐が・る
〘他ラ五(四)〙
あわれ‐げ
〘形動〙
あわれ‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あわれ‐あはれ‥【哀】
〘形シク〙 いたわしい。ものがなしい。あわれである。
※永久百首(1116)春「あはれしや焼野にもれし峰のわのむら草隠れ雉(きぎす)鳴くなり〈源顕仲〉」
※浮世草子・近代艷隠者(1686)二「母を置て先立たらん跡に残りていかにかはせんと歎しづむ様も哀(アハレ)し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あわれまあはれま‥【哀】
〘形シク〙 (動詞「あわれむ(哀)」の形容詞化) あわれをそそるようなさま。同情心を起こさせるようなさま。また、好感がもてそうなさま。
※随筆・常山紀談(1739)「うち見るより憎さげなると、あはれましきとあり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

哀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.