Rakuten infoseek

辞書

哀帝【あいてい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

哀帝
あいてい
(前26―前1)
中国、前漢末期の第12代皇帝(在位前7~前1)。姓名は劉欣(りゅうきん)。定陶王康の子で、元帝の孫にあたる。3歳で定陶王を継ぎ、嗣子(しし)のなかった成帝(元帝の子)にみいだされて、その後を継いだ。在位中、土地所有額の制限などの改革を試みるが、傅(ふ)氏、王氏らの外戚(がいせき)が勢力を争う状況のなかで、みるべき成果をあげることができず、末年には、のちに新を建国する王莽(おうもう)の活躍する道を開いてしまった。[尾形 勇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐てい【哀帝】
[一] 前漢第一三代の皇帝(在位前七‐前一)。姓は劉(りゅう)。官制の改名、改制を多く行なう。没後、外戚の王氏が勢力を盛り返した。(前二六‐前一
[二] 東晉第六代の皇帝(在位三六一‐三六五)。姓は司馬。戸口調査を実施し、人民の土地定着に努める。(三四一‐三六五
[三] 唐の第二〇代皇帝(在位九〇四‐九〇七)。姓は李。昭宗の子。一三歳で即位したが、実権を握った朱全忠によって帝位を奪われ、唐朝は滅亡した。(八九二‐九〇八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

哀帝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

哀帝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.