Rakuten infoseek

辞書

咳嗽【がいそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

咳嗽
がいそう
cough
咳 (せき) のこと。内の空気が音を伴って反射的に呼出される現象をいう。上気道に対する種々の物理的,化学的または炎症性刺激が原因となる。そのほか,胸膜縦隔,耳,食道などの刺激によっても起りうる。の性状は多様であって,を伴うものを湿咳といい,伴わないものを乾咳という。後者は主として肺外性の原因で起ることが多く,これに対し湿咳は気管支および肺に分泌液滲出液があるときに起る。咳の声調や発作様相は,病気によって異なる。咳が2~3週間も続くときは,肺癌など重大な病気の前兆かもしれないから,医師に相談することが必要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がい‐そう【××嗽】
[名](スル)せき。しわぶき。
「一歩一歩に喘(あえ)ぎ、―す」〈蘆花自然と人生

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がいそう【咳嗽】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がいそう【咳嗽】
スル
せき。しわぶき。 一歩一歩に喘あえぎ、-す/自然と人生 蘆花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がい‐そう【咳嗽】
〘名〙 (「咳」は、痰がなくて声のあるせき。「嗽」は、声がなくて痰のあるもの) 気道粘膜が刺激されて反射的、急激に起こる呼気運動。せき。しわぶき。咳(がいそく)
※史記抄(1477)六「湯を御すこしあってから欬漱をめされて、わきへひきつめひきつめするとて」 〔魏志‐華陀伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

咳嗽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

咳嗽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.