Rakuten infoseek

辞書

和達清夫【わだちきよお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

和達清夫
わだちきよお
[生]1902.9.8. 愛知,名古屋
[没]1995.1.5. 東京
地震学者,気象学者。筆名,西須諸次(さいすもろじ)。1925年東京帝国大学理学部卒業,中央気象台に入る。1947年同気象台台長となり,1952年の気象業務法施行を進めた。1956年中央気象台が気象庁昇格した際,初代長官に就任。1960年日本学術会議会長,1963年気象庁退官後,国立防災科学技術センター所長を経て 1966~72年埼玉大学学長,1974年日本学士院院長,1968~88年中央公害対策審議会会長を務めた。この間,地震計測,調査,研究に携わり,深発地震の存在を立証,その分布海溝付近から陸側への傾斜面上に集中していることを指摘した。これはのちのプレートテクトニクスの裏づけとなった。随筆をよくし,アララギ派の歌人でもあった。1967年日本学士院恩賜賞受賞。1985年文化勲章受章。著書に『地球と人』(1949),『沈まぬ都会』(1949)など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わだち‐きよお〔‐きよを〕【和達清夫】
[1902~1995]地球物理学者。愛知の生まれ。初代気象庁長官・埼玉大学学長・日本学士院長。地震が300キロメートル以上の深所でも発生することを発見。昭和60年(1985)文化勲章受章。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

和達清夫 わだち-きよお
1902-1995 昭和-平成時代の気象学者。
明治35年9月8日生まれ。東京帝大で寺田寅彦らにまなぶ。気象庁の前身中央気象台の台長をへて,昭和31年気象庁初代長官。深発地震がかたむいた面上に発生することをつきとめた。昭和7年学士院恩賜賞,60年文化勲章。日本学術会議会長,埼玉大学長,学士院院長などを歴任。平成7年1月5日死去。92歳。愛知県出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

わだちきよお【和達清夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わだちきよお【和達清夫】
1902~1995 地球物理学者。名古屋生まれ。東京帝大卒。初代気象庁長官・埼玉大学学長。地震が300キロメートル 以上の深所でも発生し、それらの深発地震が海溝から陸側へ下向きに傾いた面上に分布していることを示した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

和達清夫
わだちきよお
(1902―1995)
地球物理学者。名古屋に生まれ、1925年(大正14)東京帝国大学物理学科を卒業。同年中央気象台(現、気象庁)に勤務、初めはもっぱら地震を研究して、深所に発生する地震(深発地震)の研究で地震の分類・統計解析に画期的な進歩をもたらし、1932年(昭和7)学士院恩賜賞を受けた。1943年満州国観象台長、1947年(昭和22)中央気象台長。1956年気象庁への昇格に伴い初代長官となり、1960年には第5期日本学術会議会長に選出された。1963年気象庁退官後は国立防災科学技術センター(現、防災科学技術研究所)所長、1966年埼玉大学学長、1974年日本学士院院長を歴任し、1982年から東京地学協会会長となる。1947年地震予知研究連絡委員会(地震予知連絡会の前身)発足とともに委員長、1970年中央公害審議会会長就任と、防災体制への寄与も大きい。1985年文化勲章を受章した。[石山 洋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和達清夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

和達清夫の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエス[各個指定]芸能部門バルフォアマーラーレハール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.