Rakuten infoseek

辞書

和辻哲郎【わつじてつろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

和辻哲郎
わつじてつろう
[生]1889.3.1. 姫路
[没]1960.12.26. 東京
倫理学者。医師の次男に生れ,1912年東京大学卒業。東洋大学,法政大学で教えたのち,京都大学助教授を経て,ドイツ留学,31年京都大学教授,34年東京大学教授。初期には『ニイチェ研究』 (1913) ,『ゼエレン・キェルケゴオル』 (15) など実存主義者の研究を発表したが,のち『古寺巡礼』 (19) ,『日本古代文化』 (20) ,『日本精神史研究』 (26) などの日本文化に先駆的かつ斬新な視野を開き,また『人間の学としての倫理学』 (34) ,『風土』 (35) ,『倫理学』 (3巻,37~49) において個人のなかにではなく,人と人との関係たる間柄の学としての独自の倫理学を築いた。 55年文化勲章受章。著書にはそのほか『鎖国』 (50) ,『埋もれた日本』 (51) ,『日本倫理思想史』 (2巻,52) などがある。『和辻哲郎全集』 (20巻,61~63) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わつじ‐てつろう〔‐テツラウ〕【和辻哲郎】
[1889~1960]哲学者・倫理学者・文化史家。兵庫の生まれ。京大・東大教授。倫理学の体系化と文化史研究に貢献した。文化勲章受章。著「ニイチェ研究」「古寺巡礼」「風土」「鎖国」「日本倫理思想史」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

和辻哲郎 わつじ-てつろう
1889-1960 大正-昭和時代の哲学者,倫理学者。
明治22年3月1日生まれ。東京帝大哲学科に在学中,谷崎潤一郎,小山内薫らと第2次「新思潮」の同人となる。東洋大,法大の教授をへて,昭和6年京都帝大教授。9年東京帝大教授。この間,谷川徹三らと「思想」(岩波書店)の編集に参加。ハイデッガー解釈をとおして「人間の学」としての倫理学を確立し,「古寺巡礼」「風土」など文化史研究にも業績をのこす。日本倫理学会初代会長。30年文化勲章。昭和35年12月26日死去。71歳。兵庫県出身。著作に「日本精神史研究」「倫理学」など。
【格言など】真に勇気あり力ある者は,恐ろしい事実を見つめるとともにそれに堪える道を知っている(「偶像再興」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

わつじてつろう【和辻哲郎】
1889‐1960(明治22‐昭和35)
哲学者。兵庫県生れ。東京帝国大学で哲学を学ぶ。谷崎潤一郎らとともに文学活動をし,耽美的傾向の作品を書いた。のち学界に入り,京都帝国大学文学部教授,東京帝国大学文学部教授を歴任。学士院会員。日本倫理学会を創立(1950),文化勲章を受章した(1955)。著作は《ニイチェ研究》《ゼエレン・キェルケゴオル》《古寺巡礼》《風土》《日本古代文化》《原始仏教の実践哲学》《日本精神史研究》《鎖国》《倫理学》《日本倫理思想史》《桂離宮》《国民統合の象徴》など。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わつじてつろう【和辻哲郎】
1889~1960) 倫理学者。兵庫県生まれ。京大・東大教授。ニーチェ・キルケゴールの研究から出発、また鋭い美的感覚をもって日本・中国・インド・西洋の思想史・文化史的研究にすぐれた業績を上げる一方、人と人との関係を重視し、間柄を基礎とする倫理学、すなわち人間の学としての倫理学の体系をも構築。著「古寺巡礼」「風土」「倫理学」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

和辻哲郎
わつじてつろう
(1889―1960)
倫理学者、文化史家。兵庫県の医家に生まれる。姫路中学生であったころは、バイロンのような詩人になるのを夢みていたが、旧制第一高等学校生徒時代、先輩の魚住影雄(うおずみかげお)(折蘆(せつろ))から万学の基礎である哲学を学ぶように勧められ、東京帝国大学文科大学哲学科に進んだ。在学中、大塚保治(1869―1931)教授の「最近欧州文芸史」と岡倉天心(おかくらてんしん)講師の「泰東巧芸史」をもっとも深い感銘をもって聴講したが、かたわら第二次『新思潮』の同人となり、文芸への関心を絶たなかった。文科大学1年のとき「ショウに及ぼしたるニイチェの影響」を書いているが、バーナード・ショーに専念した一時期があった。しかしまもなく関心はニーチェに移り、その研究を卒業論文にしようとしたが、指導教授の反対で果たさず、その鬱憤(うっぷん)を、卒業した翌年(1913)に公刊した『ニイチェ研究』で晴らした。ついで『ゼエレン・キェルケゴオル』(1915)を出し、日本における実存哲学研究の先駆者となった。
 しかし、29歳の年の初めごろから、対象に即する思惟(しい)への傾向を強め、祖先の生活を見つめようとする動機から大和(やまと)の地を訪ね、古寺巡礼の旅をした。その旅行記が『古寺巡礼』(1919)で、この旅行によって、飛鳥(あすか)・奈良時代の彫刻・建築のような偉大な芸術を創造した日本人は何者であったかという疑問に追い立てられた。この疑問に答えたのが『日本古代文化』(1920)に始まる一連の日本精神史、日本文化史の研究――『日本精神史研究』(1926)、『続日本精神史研究』(1935)、『日本倫理思想史』(1952)などである。この日本研究のなかで仏教の占める比重は大きいが、その仏教思想を純粋な姿でとらえようとしたのが『原始仏教の実践哲学』(1927)で、その研究方法は、学生時代にケーベル教授から教え込まれたドイツの近代文献学によっている。そのことは『ホメロス批判』(1946)が示しているが、『原始キリスト教の文化史的意義』(1926)、『孔子』(1938)なども同じ方法をもってした労作である。
 1934年(昭和9)、それまで8年余勤務した京都大学から東京大学へ転任したが、京都時代の末期から形成されつつあった倫理学の体系的研究が結実して『倫理学』3巻(1937~1949)となった。それに先だって『人間の学としての倫理学』(1934)に人と人との間柄が倫理であるという新しい解釈がなされ、海外旅行の体験を踏まえて編み出された『風土』(1935)の理論も「人間学的考察」という副題が付されている。敗戦の原因を究明して人倫の世界史的反省を試みた『鎖国』(1950)、『日本芸術史研究(歌舞伎(かぶき)と操浄瑠璃(あやつりじょうるり))』(1955)、『自叙伝の試み』(1961)など晩年の業績も多彩で、それらは集められて『和辻哲郎全集』全20巻として刊行された(1961~1963)。1955年(昭和30)文化勲章が授与された。[古川哲史]
『『和辻哲郎全集』全20巻(1961~1963/25巻・別巻2・1989~1992・岩波書店) ▽『風土』(1935・岩波書店/岩波文庫) ▽『鎖国』(1964・筑摩書房/上下・岩波文庫) ▽和辻照著『和辻哲郎の思ひ出』(1963・岩波書店) ▽湯浅泰雄著『和辻哲郎』(1981・ミネルヴァ書房/ちくま学芸文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わつじ‐てつろう【和辻哲郎】
哲学者、評論家。兵庫県出身。東大教授。漱石に師事。ニーチェ、キルケゴール、また、仏教美術、日本思想史の研究家。西欧哲学を日本の精神史的考察のなかで止揚し、独自の哲学体系としての倫理学を定立した。昭和三〇年(一九五五)文化勲章受章。著「ニイチェ研究」「倫理学」「風土」「古寺巡礼」など。明治二二~昭和三五年(一八八九‐一九六〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和辻哲郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

和辻哲郎の関連情報

関連キーワード

新藤兼人黒人文学教育改革磯崎新国際通貨問題メタボリズム川添登内閣総理大臣安保闘争鈴木清順

他サービスで検索

「和辻哲郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.