Rakuten infoseek

辞書

和語・倭語【わご】

大辞林 第三版

わご【和語・倭語】
わが国の言葉。日本語。国語。
漢語・外来語に対して、日本固有のものと考えられる単語。「やま(山)」「かわ(川)」「そら(空)」の類。やまとことば。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わ‐ご【和語・倭語】
〘名〙
① 外国語に対して、日本の国語である日本語。その語彙には漢語などの外来の要素も含まれる。
※霊異記(810‐824)上「吾が聖朝の人、道照法師〈略〉新羅に至り、其の山中に有りて法花経を講ず。時に虎衆の中に人有り、倭語を以て問を挙げたり」
② 漢語や外来語など外来の語に対して、日本語本来のものと考えられる語。「ひと(人)」「われ(我)」「ある(有)」「ゆたか(豊)」など。固有の日本語。やまとことば。
※神皇正統記(1339‐43)上「第二代、綏靖天皇〈これより和語の尊号をばのせず〉神武第二の御子」
③ 和歌。やまとうた。
※明衡往来(11C中か)中本「聊慰愁緒耳。就中倭語雖其能、稟外戚之風嗜思給也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和語・倭語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

和語・倭語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.