Rakuten infoseek

辞書

和田三造【わだ さんぞう】

美術人名辞典

和田三造
洋画家。兵庫県生。東美校卒。白馬会研究所で黒田清輝師事。文部省派遣留学生として欧州巡歴、絵画研究のほか工芸図案を学び、帰国後は日本染色工芸協会を設立するなど色彩研究にも多く業績を遺した。東美校教授。帝国芸術院会員。文化功労者。昭和42年(1967)歿、84才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

わだ‐さんぞう〔‐サンザウ〕【和田三造】
[1883~1967]洋画家。兵庫の生まれ。黒田清輝に師事し、白馬会展・官展活躍。また、色彩研究にも多くの業績を残した。「色名大辞典」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

和田三造 わだ-さんぞう
1883-1967 明治-昭和時代の洋画家。
明治16年3月3日生まれ。白馬会の黒田清輝に師事。明治38年白馬会賞受賞。40年「南風」が文展の2等賞。文展審査員,帝国美術院会員となり,昭和7年には母校東京美術学校(現東京芸大)の図案科教授。色彩学を研究,20年日本色彩研究所を設立した。33年文化功労者。昭和42年8月22日死去。84歳。兵庫県出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

わださんぞう【和田三造】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わださんぞう【和田三造】
1883~1967 洋画家。兵庫県生まれ。黒田清輝の指導を受ける。文展・帝展で活躍。のち母校の東京美術学校教授。代表作「南風」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

和田三造
わださんぞう
[生]1883.3.3. 兵庫
[没]1967.8.22. 東京
洋画家,色彩研究家。 1900年福岡の中学校を中退して上京し,白馬会研究所で黒田清輝に師事。 04年青木繁,熊谷守一らとともに東京美術学校を卒業。 07年第1回文展に『南風』 (東京国立近代美術館) ,翌年『い燻』 (焼失) を出品し,いずれも最高賞を受賞。 09年文部省留学生として渡欧,洋画のほか工芸図案も研究し,インドやビルマ (現ミャンマー) を経て 15年に帰国。その後,文展に『バーの午後』を出品してからは,おもに絵更紗工芸と日本画に精進。また 27年に日本標準色協会を設立して,日本最初の総合標準色票『色の標準』をはじめ『改良マンセル色票』その他を発表し,色彩の研究にも尽した。また文展および帝展審査員,東京美術学校図案科教授,商工省輸出工芸審査員,日本芸術院会員,日展審査員,日展顧問などを歴任し,58年文化功労者に選ばれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

和田三造
わださんぞう
(1883―1967)
洋画家。兵庫県生まれ。1900年(明治33)上京して白馬(はくば)会菊坂洋画研究所に入り黒田清輝(せいき)に師事。04年東京美術学校西洋画科を卒業し、翌年白馬会展に出品して白馬会賞を受ける。7年第1回文展に外光主義の記念碑的作品とされる『南風』(東京国立近代美術館)を、第2回文展に『(いくん)』を出品して連続二等賞を受け、無鑑査となる。09年文部省留学生としてヨーロッパに渡り、フランスを中心に各国を巡遊、帰途インド、ビルマ(現ミャンマー)に滞在して15年(大正4)に帰国。27年(昭和2)帝国美術院会員、32年東京美術学校教授となり図案科の指導にあたる。また日本標準色協会、のち日本色彩研究所を設立して理事長となり、著書に『色名総鑑』『色名大辞典』がある。晩年は色彩映画に協力し、大映の『地獄門』は55年のアメリカ・アカデミー賞で色彩デザイン賞を受賞。58年文化功労者。[小倉忠夫]
『西野貫編、日本色彩研究所監修『和田三造とその偉業』(1983・六芸書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

和田三造
わださんぞう
1883〜1967
明治〜昭和期の洋画家
兵庫県の生まれ。東京美術学校卒。黒田清輝に師事。1907年第1回文展に出品した『南風 (なんぷう) 』で認められる。フランスに留学後,母校教授となり,色彩学を研究した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和田三造」の用語解説はコトバンクが提供しています。

和田三造の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.