Rakuten infoseek

辞書

和玉篇【わごくへん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

和玉篇
わごくへん
倭玉篇』とも書き,また「わぎょくへん」ともいう。著者,成立年代とも未詳。漢和辞書。漢字部首によって分類し,音と訓を片仮名で示したもの。成立後,宋の陳彭年 (ちんほうねん) らの『大広益会玉編 (だいこうえきかいぎょくへん) 』 (1013) によってその内容を整備した。最古の写本長享3 (1489) 年のもので,その後数十種の写本・刊本が出ている。これら一類の辞書は,室町から江戸時代の代表的漢和辞書として最も広く行われ,明治まで用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わごくへん【和玉篇】
〈わぎょくへん〉とも読み,《倭玉篇》とも記す。部首分類体の漢和字書。3巻。室町時代に《世尊寺本字鏡》などの系統を引く辞書を中心として成立したものか。中国の《大広益会玉篇》の影響を受けるものもある。古くは写本で伝わるものが多く,《篇目次第》《元亀字叢(じそう)》《玉篇要略集》などと呼ばれる異本がある。室町時代から江戸時代にかけてたびたび改編増補して刊行された。《節用集》《下学集》と合わせて室町時代の代表的な国語辞書と称される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わぎょくへん【和玉篇】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

和玉篇
わごくへん
部首分類による字形引きの漢和字書。三巻。『倭玉篇』とも書き、「わぎょくへん」とも読む。室町初期ごろの成立で、編者は未詳。漢字を見出し語として掲げ、傍らに字音を、下に和訓を片仮名で示してある。写本、版本の数が多く、書名も『和玉篇』のほか『大広益会玉篇(だいこうえきかいぎょくへん)』『篇目次第(へんもくしだい)』『音訓篇立(おんくんへんだて)』など多様である。『新撰字鏡(しんせんじきょう)』『類聚名義抄(るいじゅうみょうぎしょう)』『字鏡』など、なかでも『大広益会玉篇』(陳彭年(ちんほうねん)編)からの影響が大きい。成立後も種々の改編が行われ、中世語・近世語資料として重要である。[沖森卓也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わぎょくへん【和玉篇】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わごくへん【和玉篇】
室町中期の漢和辞書。三巻。編者・成立年未詳。中国の「玉篇」にならって編んだ部首分類体の字書。漢字の音を傍記し、訓を下に示す。最古の写本である長享本以下、室町・江戸の両時代にかけての数十種の写本・刊本があり、通俗字書としてきわめて流布したことがうかがえ、名は漢和辞書の別名のようにも用いられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和玉篇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

和玉篇の関連情報

他サービスで検索

「和玉篇」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.