Rakuten infoseek

辞書

和歌【わか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

和歌
わか
日本で最も古くから行われている詩歌形態。「倭歌」とも書く。「やまとうた」と訓読することもあり,「大和歌」と書くこともある。『万葉集』の題詞で「和歌」と表記した場合の「和」は「唱和」の意に用いられているが,のちには「倭歌」「和歌」のいずれを書いても,漢詩に対する日本の歌を意味するようになった。なお,「国歌」といういい方もある。集団的な感情を歌う歌謡から発展したもので,歌謡と異なって,特定の作者が存在し,その個性的な感情や思想が盛られているのが普通。また,和歌も古くは朗吟するなど音楽的要素もあったが,のちには文字言語を主たる表現手段とするようになった。この点も歌唱を基本的な表現手段とする歌謡と異なる。上代には,長歌短歌旋頭歌仏足石歌体,混本歌など種々の形態が行われていたが,平安時代以降,短歌が中心となり,長歌,旋頭歌などは「雑体」といって,試作される程度にすぎなくなった。近代,現代においては,短歌以外の形態はほとんど行われていない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わ‐か【和歌/×倭歌】
漢詩に対して、上代から行われた日本固有の詩歌。五音と七音を基調とする長歌短歌旋頭歌(せどうか)片歌(かたうた)などの総称。平安時代以降は主に短歌をさすようになった。やまとうた。
万葉集の題詞にみえる「和(こた)ふる歌」から》答えの歌。返し歌
(ふつう「ワカ」と書く)能で、舞の直後または直前にある謡い物。詞章は短歌形式を基本とする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

和歌 わか
?-? 平安時代後期の女性。
京極宗輔の娘。「平家物語」「源平盛衰記」には,鳥羽上皇のとき島千歳(しまの-せんざい)とともに白拍子をはじめたとあり,遊女としての白拍子の起源と考えられている。箏(そう)の名手で,男子装束を身につけていたので若御前と称されたという。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

わか【和歌】
〈からうた〉(中国の詩)に対する〈やまとうた〉(日本の歌)の意であり,〈倭歌〉と書くこともあった。実際にその指すところは短歌であることがほとんどであるが,長歌,旋頭歌,片歌などの伝統的定型詩をも含めて和歌と呼んでいる。ただし歌謡,連歌,俳諧,俳句,近代詩は和歌に含めることはなく,また,近代以後の短歌も和歌と呼ぶことは少ない。以上が,現在一般的に用いられている意味での〈和歌〉の定義である。しかし細かく言えば,時代的にその意味するところは移ってきている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

和歌
わか
「やまとうた」すなわち日本の国の固有の歌を意味するが、その概念は平安時代の『古今和歌集』の成立によって確立したので、具体的な和歌の歌体としては、その当時固有の歌体として認められていた短歌・長歌および旋頭歌(せどうか)・仏足石歌(ぶっそくせきか)体をさすことになり、それが現代に至るまで狭義の和歌の範囲となってきている。五音節句と七音節句との繰り返しによる音数律が基本となって、五七五七七の短歌、五七を三回以上繰り返して七で結ぶのが基本形式の長歌、五七七(それだけを片歌(かたうた)とよぶ)を二度繰り返す旋頭歌、それと奈良の薬師寺の仏足石碑に刻まれた、短歌形式にさらに七の加わった歌体の仏足石歌体があり、それぞれ『万葉集』にもみいだせる。『万葉集』所収歌の大部分は短歌、ついで長歌であり、長歌は、特定の場合や『万葉集』尊重と結び付いて間欠的につくられつつ現代に至るが、絶えることなくつくられ続けたのは短歌で、和歌史は短歌史といいかえていいほどである。現存する歌集の最初は『万葉集』であり、平安時代から室町時代にかけて勅撰(ちょくせん)和歌集21集が成立しているが、そのほか私撰集・私家(しか)集も多い。近代になるとほとんど個人歌集である。短歌から連歌(れんが)が分化し、それが俳諧(はいかい)(連句(れんく))を生じたし、短歌形式のものでは優美さから外れた狂歌(きょうか)や、風刺性をもつ落首(らくしゅ)、教訓のための道歌(どうか)、さらには歌(うた)占いやまじない歌まで、日本の伝統詩歌には短歌に根ざすものが多く、歌謡形式にも大きな影響を与えている。和歌研究のための歌学は平安時代末期にすでに体系化され、以後日本の古典(文化)学の中軸となり続けてきたことにも注意しなければならない。[藤平春男]
『新編国歌大観編集委員会編『新編国歌大観』全10巻20冊(1983~87・角川書店) ▽和歌文学会編『和歌文学講座』全12巻(1969~70/再版・1984・桜楓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

和歌の関連情報

他サービスで検索

「和歌」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.